ドライオーガズム達成を大きく左右する「ローション選び」を徹底検証レポート!【アネロスセッションズ】

アネロスセッションズ
この記事は、はむさんから寄稿いただきました!

波無庵々(はむあんあん)プロフィール
幼少より性への意識は高く、見せ合いっこに得体の知れない感覚をおぼえ、性に目覚める。
小学校の鉄棒のぼりで最高のエクスタシーを体験し、誰もいない校庭で一人アヘアへ。
2000年頃ネットサーフィンしていたらエネマグラ(現ANEROS)の存在と同時に前立腺を使った快感を得る方法がある事をシリ、衝撃をうけて体験談を集めるが、実際に行動するにはいたらず。
その後、結婚し夜の生活を営んでいる際、自然な流れで妻がアナルの快感に目覚める。
もっと深い体験をと、アナル開発関連のグッズを入手、しかし、開発のすすめ方に問題あり、失敗。
人に勧める場合はまず自分も体験してみないと!という精神から、そのままそのグッズを使い体験、研究を重ねているうちに、なんと自身でアナルの快感に目覚めてしまう。

 

みなさまはじめまして!波無庵々(はむあんあん)と申します。

御尻歴は今年で6年目となります、まだまだ探究心旺盛の既婚男性です。

ロフにもありますように性への目覚めも早かった分、どうやったらさらに気持ちよくなれるのか?という研究期間も、ノーマルな方より長く深かったように思います。
おかげさまで現在では「性」とは崇高な創造のエナジーだという認識にいたっております。

そもそも校庭ののぼり棒で性的快感に生まれてはじめて目覚めたわけですが、その後、射精の快感を覚え、それが高じて高校生の頃には、射精をしないでオナニーする技を身につけていました。
なぜなら、射精をするとどっと疲れて、その後の集中力が切れ、勉学に差し障りがでてしまうからです。

 

 

その後、SEXをする相手ができてからも、どうしてもオナニーの快感を超える体験ができず、ボディソープの活用から始まり、ローションをつかったオナニーを覚えてしまい、30分から1時間ほどかけてゆっくり楽しむようになりました。ゆえに、ローションの使用頻度も量も多くなります。

これまでは片栗粉の手作りローションや、安価で大量に購入できる一般的なローションを使う事がほとんどでした。

 

 

ひょんなきっかけから、エネマグラによる(現ANEROS)前立腺刺激の情報をシリ自分も体験してみたい!という思いもありつつも、実際にはいろんな事情があって、それは私にとっては遠い存在でした。

その後、妻のアナルへの目覚めがきっかけとなり、自分を実験体に研究を重ねていきました。

 

まずは浴室でアナルまわりのマッサージからはじまり、
徐々に指が無理なく入るようになっていき、
やがて妻に使用するつもりのグッズも受け入れられるようになりました。

アナルはとても繊細なものだという事をこの実体験から理解でき、如何に妻に強引な責め方をしていたのかの反省にもつながって…
そろそろようやく精神的心構えの準備ができた頃だなぁと感じていた頃、不意に、終わりなき強烈なドライオーガズムを体験してしまいました。

 

 

以来、時がゆるせば探求の日々、しかし、とても良い時もあれば、まったく何にも起きない時もあったり、なんとも安定しない気持ちよさに、はがゆいようなじれったさを感じてました。

アナルで快感を得るのに大切なのは、なにより安心できる環境と心身の状態。これはペニスをつかったオナニーより、もっと繊細です。
また、挿入するすべてが消毒済みであることは絶対です。

なので、アナニー準備には慣れが必要ですが、慣れればそこからもう始まっていると感じ、わくわくで内側から気持ちよくなってきます。

 

 

また、何を挿入するのか?は興味がある方にとっては、まず第一の悩み(?)どころでしょう。

というのは直接的な刺激をあたえる、その物体の形状や素材や温度によって、それぞれにとても深いおもむきや味わい(としか言いようがない)があるからです。

人それぞれによって違いがある感覚の世界で、いままで味わった事がない快感を自分で発見するのは、たとえようのない楽しさがあります。

基本はやはり、まず自分の指でしょうし、またオブジェクトとして、此の世界の最高峰はANEROS製品である事は誰もが知るところでしょう。

 

 

排泄の為の器官であるアナルに、気持ちよく異物を挿入するわけですから、潤滑剤であるローションは自ずと研究対象になります。

最初のうちは指で周りをほぐしたりするだけなので、すべりがよければ何でも良いですが、やがて専用のグッズを使いたくなった時には、潤滑剤の量や追加のタイミング、(粘度など)質の違いなどで大きく感じ方が変わることをシリます。

私個人としては、それまで使っていたポリアクリル酸ナトリウム系の一般的ローションとワセリンの組み合わせがベストでした。
しかし、なにせワセリンですから洗っても落ちづらく、
次の日まで御尻がむにゅむにゅになってしまうので、仕事モードの時には少し邪魔でした。
それと、下着についてしまうと落ちづらいし、家族への言い訳に困ります(失笑)

 

 

また、ドライオーガズムを知る過程でわかった事は、アナルとペニスの快感の起こり方がまったく別物だということ。

これはまた、精神修行と似た感覚である事も同時に実感していて、”求めるけれども、求めない”そういった無の境地のようなところにたどり着きます。

昔、大陸から帰って来た弘法大師空海が男色を持ち込んだというまことしやかな噂を、本当の意味で理解していくような体験でもありました。(ちなみに私は身も心も男性です)

 

 

今後も安全にアナニーを楽しみつつ、男性としての社会での役割も全うして、最終的はエナジーオーガズムの空の境地へと到達するつもりであります。

 

 

※以降のレポートは、私的な実験感想を述べたものであり、それらを勧めるものではありません。よって、真似をして何があっても、責任はご自身にある事を理解した上で読んでください。

 

アネロスは… 2

記念すべき第一回目のレポートのテーマ「アナルに適したローションとはどんなもの?」

アネロスヒリックストライデント2

今回、使用したオブジェクトは世界最高峰の名高い、ANEROS製品の人気ナンバーワンを誇るという『HELIX TRIDENT(ヒリックス トライデント)』です。

ヒリックストライデントを使用しながら、最もアナルに適しているローションはどれか、試していきたいと思います。

 

☆手作りラブローション 水性

片栗粉

まずは、さくっと家にあるもので作れる手作りローションから初めてみます!
用意する材料は簡単。

壱、片栗粉
弐、水
参、鍋とコンロ

以上!

作り方は、100mlの水に3~5gの片栗粉をいれて、溶いた後に火にかけていくとトロミがでてくるので、適当なところで止めて完成です。

今回は御尻用という事で、すこし粘度を高めに仕上げてみました。

 

【実験開始】

鍋から専用の容器にローションを移し、冷める時間を使って、直腸内のものを洗い出します。これをやっておく事で感度がましますし、集中もきれず、便意をもよおしずらいからです。

私の場合は、家のウォシュレットを最強にして直腸内にその水分をしばらく溜めてから出す。を繰り返し何度か行います。

 

 

しっかり冷ましたら、まずたっぷりと手にとって、アナルまわりを丁寧にゆっくりマッサージです。
私の場合は薄い使い捨ての指サックを消毒して使用します。
同じく使い捨ての薄いゴム手袋でも良いです。

絶対にあせったり、急いではいけません。呼吸と動作をあわせて、ゆっくり動作します。

とてもデリケートな部分ですし、脳が不快や苦痛などストレスを感じた段階でモードが変わってしまい、有終の美を飾れなくなるので、ここは丁寧に心を込めて行います。

 

 

なんなら、もうこの段階で十分に気持ちよくなれます。

なれない内は違和感だらけですが、徐々にそうなります。時間をかけましょう。

湧き上がるわくわく感が抑えられなくなるくらい十分にほぐれたら、次の段階です。

 

 

しっかりと消毒を済ませたオブジェクト『HELIX TRIDENT(ヒリックス トライデント)』と手指をつかって、『HELIX TRIDENT』に片栗粉ローションを塗ります。

(この製品、さすが長年の研究もあって、こんなチープなローションでもしっかり絡んでくれます!)

 

 

挿入される側にも潤滑をスムーズにする為に、手指を使ってたっぷりローションを塗りこみます。

また、オブジェクトも三回ほど出しては塗りを繰り返しました。(注入機が欲しいところです。)

※ここまでは基本中の基本なので、以下記す事を省略します※

 

 

さぁさぁ!おまちかね、実験本番です。

最初は少々いきみながらオブジェクトを受け入れます。なかなかよいスムーズさで挿入できましたが若干厚みが足りないように感じますね。

まぁ、これは普段のローション使いのオナニー時にも感じるチープさなので、片栗粉ローションの味とでも言いましょう。

うんうん、なかなか良い仕上がりじゃない!と立ち上がりの動きは悪くない。

 

 

んが、しかし、、、10~15分超えたあたりから、動きが鈍いのを感じる。

HELIX TRIDENT(ヒリックス トライデント)』というオブジェクトが初体験というのもあり、そのすばらしい刺激をもちょっと味わっていたいなぁ。。。という欲求もあって、
そのまましばらくリラックスした待機状態を続けるも、30分を超えたあたりでほぼほぼ動きがなくなってしまった。

まぁ、これまでは実験としてはまずまずの滑り出しであった。

 

 

快感を追いかける事に夢中になってしまって、気がつけばオブジェクトが動かなくなって15分は経過したのであろうか?
少し違和感を覚えたので、一旦中断して取り出してみる事に。。。。。

 

 

此処で、痛恨の失敗をしてしまった事に気がつく。

まさかの出血。少しの量とはいえ、繊細な粘膜でできている直腸にはかなりのダメージといえるし、

こうなると、安全面からいってもしばらくは挿入NGという結末に。。。オーノー!いきなりのっけからずっこけ。。。

 

 

【ケツ論】

片栗粉ローションは保湿効果はなく、水溶性の為、乾燥しやすく、直腸にも吸収されやすいため、アナルにはおすすめできません。

また、保存はできませんので通常使用の場合も含めて、数日内で使う分だけ作成しましょう。

そして、今回のように出血した場合は、菌が入り込むなどの感染症などの恐れもでてくるため、しばらく禁止状態となります。

私の場合は切れ痔もちなので、数ヶ月おあずけとなりました(トホホ)

 

中身の出しやすさ (好みの容器にいれられるため無評価)

持続性(遅乾性) ☆なし

後処理 ★★★★★

身体への影響 ★★★

 

created by Rinker
ムソー
¥500 (2021/09/16 23:16:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

アネロスは… 2

☆ワセリン(プロペト)油性

ワセリン

今回は前回傷つけてしまった直腸をいたわるように、粘膜保護できる「ワセリン」をチョイス!

これは石油由来の油性の製品で主に皮膚の保湿や保護など医薬品などで使用される、安全性高いものです。

なんといっても、その辺に置いておいても違和感なし!ってのが、家族住まいにはありがたい。

今回は常用している純度高めのワセリン「プロペト」を使用します。

 

 

【実験開始】

チューブに入っているタイプの製品なので、衛生面でも使いやすさとしてもgood!

おおよそ1cm未満くらいをオブジェクトに塗りみます。

最初は硬いですが、油性ですから体温でやわらかく溶けて伸びもよいので、少しの量でかなりの面積に塗りこめます。

それと前回失敗してしまった、乾燥や粘膜への吸収の恐れが一切ないのが特筆すべきところ。

 

 

さぁさぁ!準備ができたところで、いざ桃源郷へ。

ふむ、なかなかの滑り出し、挿入でのストレスもまったくなく、さすが油性という感じの重々しくずっしりとした挿入感。
しかし、徐々に体温で溶けていく為、重さは最初より軽くなっていく。

 

 

うんうん、いい感じ、動きに重みがあって、じっくりゆっくりねっとりとした動きがあります。

また『HELIX TRIDENT(ヒリックス トライデント)』の独特なうねる動きがいやらしく、的確にポイントを刺激してくる。

 

潤滑剤を追加することなく、そのまま無事ドライオーガズムを迎える事ができました。

ANEROS製品のオブジェクトの完成度の高さにうならせられた、いや歓喜の声を抑えられなかったな。

 

 

【ケツ論】

これは好みに分かれるかもしれないが、今のわたしのアナルにはちょうど良い。(前述の名誉の負傷のため。)
また、なんといっても乾燥や粘膜への吸収がないから長く、安定して楽しめるところが特徴的。

 

しかしながら、油性であるがゆえに事後の扱いについても洗い落とすのに一苦労。

御尻外側はティッシュを何度かつかってふき取れますが、次の日までは確実にアナル内がムニュムニュしていて、仕事の際に集中などに支障がでてしまったり、はたまた、下着の恥ずかしい部分にオイル染みがついてしまった場合の家族への言い訳はとても苦しいものがありますね。。。

オブジェクト洗浄も、もちろん石鹸などをつかって油分を落とす必要がありますから、その手間がかかります。

 

中身の出しやすさ ★★★★

持続性(遅乾性) ★★★★★

後処理

身体への影響 ★★★★

 

created by Rinker
大洋製薬
¥987 (2021/09/16 23:16:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

アネロスは… 2

☆一般的な市販のラブローション(ポリアクリル酸ナトリウム系)水性

ローション

巷でいわゆるローションプレイを楽しむ方々にはおなじみの潤滑剤。

 

【実験開始】

今回は扱いなれたローションだし、安価だから安心して大量につかえるシロモノ。遠慮なく沢山つかって楽しもう!

準備万端、たっぷりオブジェクトにラブローションを塗りたくる。

やっぱりANEROS製品、今回のラブローションもしっかり絡んでくれるのにおどろき。

表面の加工がさらさらしているのには理由があったんだね。

 

さぁ、いざめくるめく桃源郷へ。

スルッとあっというまに挿入完了しちゃうくらいにすべりが良い。

あと、ヒヤッとした温度感。これは水分が多いから、いたし方ないのだけど…ちょっと慣れるまでオブジェクト『HELIX TRIDENT(ヒリックス トライデント)』を挿入したままで放置。

 

 

しばらくすると、ん??あっ!なんだか、今までとは違う刺激と動き。

まるで指でゆっくりとポイントあたりをマッサージされているような、はたまた、別の生き物が御尻の中でウネウネうねりながら動き回ってる。

感じたことがない繊細で的確なポイントを刺激されていくうちに、気がつけばもうそこは桃源郷。。。。

 

 

あぁ、ただいま! ずっとこのままでいたい切ない気持ちと、もうおかしくなってしまうんじゃないか?!ヤバイ?!というオーガズムの最中、急降下。。。んん?

ローションが乾いてしまった様子。

 

 

取り出して、すぐにたっぷりラブローションを足して、再挿入!

さぁ!もういちど!!!!!ん?あれ?あれれれれれ。

こうなると無駄に時間だけが過ぎてゆき、徒労におわってしまう。

いわゆる集中力が切れた状態かな。嗚呼残念。

 

【ケツ論】

安心して遠慮なく沢山使えるところが良いところ。だが持続性のコントロールが難しい。

うまくハマれば最高!!といいたいが、水溶性による不安定さが残念。

大量に使えば使うほど、事後のぬるぬる感がとれずらい。

使用後に腹を下す事は無いが(少しゆるくなる程度)

直腸から身体に吸収されて良いものとはいい辛い。

 

中身の出しやすさ (好みの容器にいれられるため無評価)

持続性(遅乾性) ★★★

後処理 ★★

身体への影響 ★★★

 

created by Rinker
リューブゼリー
¥1,193 (2021/09/16 15:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

アネロスは… 2

☆アネロス専用ローション『SESSIONS(セッションズ)』 水性

アネロスセッションズ

最後は、大本命のANEROS SESSIONS(アネロス セッションズ)』。

世の中にアナル専用ローションという名の商品あれど、アナニーカルチャー本家本元の製品となると、まずは手をあわせたくなる。

 

【実験開始】

さぁ、うら若き頃に憧れたアネロス製品を、ローションからして使える喜びと感謝にまずは合掌。

さぁいざ、最高峰の景色を!

 

オブジェクト『HELIX TRIDENT(ヒリックス トライデント)』に、ローション『SESSIONS(セッションズ)』 を塗ってみる。

サラッとしていて、伸びは良い、ほー!

常用していたラブローションも水性だが、これよりは粘度は低いようにも感じる。

季節が変われば湿度、温度も変わるし、ふんふん、まぁ、水性ならばこんなもんでしょうとタカをくくって、まずはテイスティング程度に挿入して味わってみる。

 

 

なんだか、とっても自然な感じ。

挿入感は水性のそれだが、どことなく粘度はしっかりあって、スルスルすべり過ぎない。

 

 

いつもなら乾燥防止のために、1~2度は抜いてローションを塗りなおして、、、という行為をするのだが、、、(振り返って思えば)今回はもうそんな事さえ忘れている。

量にして5mlも使用していないのに、十分なくらいの潤滑具合を得ていた。

要するに追加ローションを忘れてしまうほどにオブジェクトの動作が良すぎたのだ。

嘘か?と思えるくらいに、まるで自分の身体の一部のように意識したとおりに『HILIX TRIDENT(ヒリックス トライデント)』が動く、他の潤滑剤には無かった感覚だった。

たとえるならばオブジェクトを動かすハンドルを得たような感覚。

 

 

思いのままに動かし、また、すべてを手放して待機していると、不思議な熱が沸き起こってきて、ラブローションの時に起きたあの指でなぞられるような感覚がさらに明確な感覚としてやってきては、波がどんどんと大きくなる!

時折ウネウネうねるような回転運動をしながら狂ってしまいそうな快感の波の中に、わたしは何度も何度も溶けだしてしまいました。

 

 

気がつけば、3時間以上経過しており、外は白んで来ていた。

あぁ、もうこの『HELIX』ちゃんが愛おしくてたまらない。

感謝の気持ちたっぷりに、ここで実験終了。

 

 

【ケツ論】

ケースからして、片手親指ポンでローションが適量だせるのは秀逸。

アネロス専用とあって、オブジェクトとのコンビネーションは最強でしたね、なにより安定性。

感覚として不安定なものという認識を覆すハンドリングの良さでした。

 

 

特筆すべきは、水溶性独特の薄さ、これによって、オブジェクトの刺激がとても良く伝わってきますし、動きも軽い。

それでいて、なかなか乾燥や直腸吸収されずらいのは驚きでした。

なにせ5mlつかうか使わないかの量でしたので、130mlのボトルならば26回分(個人の見解)と経済的。

事後も水性ならではのヌルヌルはあれど、使用量が多くないのでサッとふき取って終われる。

 

 

メーカに問い合わせしたところ、製品のPh値は6.20±0.03と腸内の環境にも配慮をされていて、身体に有害な添加物は一切使用されていない様子。

ここでは明かせませんが特別なハーブ配合(企業秘密)がされていて、きっとこれがさらなる感度をあげているように私は感じています。

 

中身の出しやすさ ★★★★★

持続性(遅乾性) ★★★★

後処理 ★★★★

身体への影響 ★★★★★

 

\公式サイトで商品をもっとくわしく見る/

 

初回実験で、危険を承知で自分を使って人体実験する事に懲りた為、ここでレポートするには到れないが巷にはアナル専用ローションというものがいくつか存在する。

おもな内容物は、プロピレングリコール(Pgと表記される)保湿や菌の繁殖を抑える為の添加物や、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルという防腐剤などの添加物が入っている。

シリコンオイル系などの場合は油性のために、吸収率が高い直腸に添加物が残留しやすく、健康被害に遭いかねません。

娯楽や快感は健康あってのことなので(自身で痛感。。。)くれぐれも体内へ入れるものには細心の注意をはらいましょうね!

それでは!すばらしき御尻愛の世界を!

 

著:波無庵々

はむさん、ありがとうございました。めっちゃ面白かったのでまた書いてください笑(ぽかべより)

 

\公式サイトで商品をもっとくわしく見る/

 

関連記事:ドライオーガズム中級者が「アネロスヒリックスシントライデント」と最新作の専用ローション「アネロスセッションズ」をガチ体験レビュー!

関連記事:アネロスジャパンに聞く「ドライオーガズムの真実」人生100年時代の男女は肛門を鍛えよ!

関連記事:アナル未経験の僕が、アネロスMGXトライデント(エネマグラ)を使ったリアルな感想!

 

アネロスは… 2

女性が運営・バレない梱包のラブグッズ通販サイトがおすすめ!

\気軽に探せる「ラブトリップ」さん/

 

\最高品質で極上体験を「ミライカラーズ」/

ミライカラーズ

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼