やわらかゆーすけさんが語る「信頼されるクリエイターの条件」とは

信頼されるクリエイター やわらかゆーすけ

 

ブロガーぽかべです。こんにちは。

 

クライアントの希望・メッセージを汲み取って、作品のかたちにする。それがクリエイターのお仕事!

Webライター、ブロガー、カメラマン、動画編集など….その職種は多岐に渡ります。

もしかしたら、この記事を読んでくれているあなたも、クリエイティブの仕事をしているかもしれませんね。

 

クリエイターのなかでも、「ライブ配信・動画編集の神、やわらかゆーすけさんは私が尊敬する方です。

大手企業さんからの受注に加え、彼自身の名前を看板にして、インフルエンサーからの依頼も請け負っているそうです。

そんなお客さんの中には、ブログ年商1億・Twitterフォロワー20万人のイケハヤさん、ブロガー・作家でフォロワー22万人のはあちゅうさんも。

ほかにも、続々と….!

 

 

 

そんなぽかべも、2018年12月に開催されたイベントの動画・写真撮影をゆーすけさんに依頼させていただきました!

関連記事:ラブコスメEXPO2019参加レポ!商品への想いを知ってアフィリエイトすべきだ

 

なぜゆーすけさんは、クリエイターとして、ここまでひっぱりだこなのか!?

その人気のヒントとなる仕事観・マインドの部分をしっかりインタビューしちゃいました!

 

ぽかべ
めちゃくちゃ話しましたね….ベローチェで….
ゆーすけ
こんなに色々話したのは久々でした….。笑

 

 

クリエイターとして必要な「3つの力」

やわらかゆーすけさんその2

撮影準備をしてくれている、やわらかゆーすけさん

 

ゆーすけ
 クリエイターに必要なスキルは三つあります。

一つは「汲み取り力」

二つ目は「編集力」

三つ目は「技術力」です。

ぽかべ
クミトリりょく…..
ゆーすけ

「汲み取り力」とは、クライアントが何を求めているか汲み取る力です。

例えば納品するスピードを求めているのか、 テイストを重視したいのか….など。

 

「編集力」とは、見ている人に対してクライアントのメッセージを届けられる力です。

言い換えると、最適解を組み立てる力とも言えます。

例えば動画編集だったら、素材を切るか残すか判断する力でもありますね。

 

最後に、「技術力」は編集ソフトの使い方や、やり方の部分です。

ぽかべ
フムフムみが深い。
ゆーすけ
 この中でまず身につけるべきは、ズバリ「汲み取り力」です!
ぽかべ
そうなんですか?「技術力」を身につけることをスタートにしている人が多そうですが。
ゆーすけ
技術力は、いまどきはスマホやテンプレなどでどうにかなるんです。

技術力はあるけど汲み取り力がないクリエイターさんが多いんですよね….。

ゆーすけ
例えば、編集が上手いと言われている人に仕事を頼んだことがありますが、いざ動画を見てみたら全体として何が言いたいのかわからないということがありました。
ぽかべ
うまいだけになっているってことですか….きびちー!

ゆーすけ
クライアントがはあちゅうさんの場合ですが、「ユーチューバーっぽいけど、カットを細かく入れていく”ジェットカット”ではない編集方法で、比較的抑え目テイストな動画がいい」という希望があるんですよ。

ぽかべ
うおー、さすがゆーすけさん、細かいな〜。
ゆーすけ
でもそういったクライアントの希望を無視して自分のテイストで動画を作ってしまったら意味がなくて。

技術力があって、エフェクトだけかっこよくてもダメってことです。

 

「素直さ」があるかどうかで成長曲線が全く違う

 

ゆーすけ
いっぽうで、ゼロからカメラを始めて1ヶ月ぐらいでしっかり稼ぎはじめている新人さんもいるんですよ!

その子には「素直さ」があって、クライアントさんの希望をつねに反映しようとしているから、信用につながっているんだと思っています。

ぽかべ
素直さ、ですか….!
ゆーすけ

変に先入観があるプロよりも、素直な新人さんのほうがいいということもあるんです。

例えば、インフルエンサーからのアイコン撮影依頼が絶えない副業カメラマンのまんちゃさんも、 汲み取り力がありますし、さらには営業力もあるので、稼ぐことができているんだと思います!

 

関連記事:複業カメラマンまんちゃの魅力とは?現役大手会社員でも個人で稼ぐ!

 

ぽかべ
とはいえ、自分にしかできないプラスアルファの価値が出せる方が、クライアントさんは喜ぶんじゃないんですか?
ゆーすけ
自分なりのプラスアルファは、無理して入れる必要はないんですよ。

僕だったらそれをやる場合は、作品を2パターンを作ったりしますね。

ぽかべ
2パターン?
ゆーすけ
はい。まずはクライアントの要望ファーストで納品します。

逆にそのステップがないと、相手に反発心が生まれてしまうんですよね。

希望通りに納品した上で、「こんなものも作ってみたんですけれども」という提案をします。

クライアントさんと信頼関係が築かれているならば、提案の幅も広がっていくんですけれどね。

ぽかべ
でもそんな信頼関係は、まずクライアントさんの希望に応えることでしか築けないんですね。
ゆーすけ
そうですね!まずはクライアントの言う通りに仕事をすることは大切です。

その後でだんだん自分のカラーを確立していけばいいんじゃないでしょうか。

逆に言うと、ここにこだわりを持ちすぎているクリエイターさんが多いので、このスタンスで仕事ができれば頭一つ抜けられると思いますよ。

ぽかべ
なるほど〜!

ゆーすけさんはそのスタンスを徹底してきたからこそ、 大手企業さんやインフルエンサーからも信頼されているんですねえ。

 

ゆーすけさんのデビュー作は、なんとベルギーの音楽レーベルだった!

 

ぽかべ
ゆーすけさんがこうして動画編集の仕事をするまでの経緯が気になってます…..。
ゆーすけ
大学1年生の時に、DTM というネット音楽をつくっていました。その時代に、ベルギーのレーベルでデビューしたんですよ。
ぽかべ
デビュー作が海外だなんてすごい!w
ゆーすけ
僕はとことんやるタイプなので、その時期はもうとことんDTMをやってましたw

つらかったのは、そのレーベルとのやり取りが月1ペースだったことです。素直に返信するようにしていましたが、ちゃんと届いているのかな?とかなり消耗しましたね。

その後、曲のゴーストライターをしてたこともあります。 でもその時は、この仕事を自分がやってる意味はあるのか?自分がやる価値はあるのか?と悩むことが多かったです。

ゆーすけ
でも今では、そんなゴーストライターの過程も楽しんでやれば良かったなぁと思ってます。

さっき言った通りだんだん自分のカラーを出していけば、もしかしたら自分の曲も出せたかもしれないですしね。

無理やり自分のカラーを押し込めようとしても仕方なかったかなぁと。

ぽかべ
ゆーすけさんがおっしゃることはよくわかるんですけれども、やっぱり「明らかに自分じゃなくてもできる仕事をしてる時期」ってつらく感じがちだと思うんです。

どんな風にマインドを持っていたらいいんですかねー?

ゆーすけ
うーん、例えば、新しく学んだ技術で仕事が効率化できた喜びだったり、自分自身の成長を感じる喜びを大切にすることでしょうか。

これがライターさんやブロガーさんだったら、 Twitter やノートで自分の文章を書いたりした時に、読者さんや周りの人から貰えるコメントだったりするかもしれません。人の支えも大事な時期かも。

ぽかべ
そうですね….!確かに私がここまでブログを続けてこられたのも、読んでくれる人たちが、温かい言葉をかけてくださったからに他ならないと思います。

 

「チャンスを掴むために常にスタンバっている」ことが大事

 

しばらくクリエイティブについての雑談が続く….

 

ぽかべ
….そういえば、歌手・ダンサーの三浦大知さんがいまブーム到来していますね。あれだけの才能をもちながら、なぜかテレビ露出が少なかったアーティストで、ファンは「ようやく時代が追いついた」なんて言ってます。
ゆーすけ
僕が思うのは、 ブレイクスルーポイントが来る時のための準備をすべきだということですねー。

チャンスが来てから頑張っても遅いんですよね!

ぽかべ
確かに。「いつブームが来ても大丈夫なようにいつでもスタンバっておく」と言い換えられるかもしれませんね!

借金ブロガーのしゅうへいさんも、波が来る直前に波に乗ろうとしても乗れないから、常に沖に出て、波を待っている必要があると言ってました。

 

 

ゆーすけ
しゅうへいさんは例えがうまくて、ホントに尊敬します….!

だから、日頃から緊張感をもって、チャンスをつかむための準備だったり、顔出しして自分の看板で勝負できるようにしたり、ということをやるべきなんですよね。

ゆーすけ
これはクリエイターじゃなくても言えることだと思うけど、

世の中の仕事なんて自分じゃなくて誰でも替えがきくことばかり。オンリーワンにはなかなかなれない。だから、自分ができなかったらすぐ変えを用意されてしまう。

日頃、小さいところから意識していく必要があると思ってます。

ぽかべ
いや〜ストイックです….!

私は他人にも自分にも甘いので、すごく耳が痛いですw

何かゆるいんですよね。ゆるーーい!

ゆーすけ

まあでも、適材適所だと思いますよ!笑

僕は仕事に妥協せずびしばしやるタイプだけど、例えば全員が僕みたいなタイプのメンバーだけ集まったら、ガッチガチのチームになっちゃう。

結果的には、良いチームにはなれないんだよね。だから和ませ役って必要なんです。

僕が運営している、動画で生きていく人を増やすがテーマのオンラインサロン「やわラボ(2019/3/29現在92名)」でも課題だったりしますw

ぽかべ
適材適所か〜!なんかちょっと救われた気がしますw

 

【まとめ】素直さはとにかく最強

●クリエイターに必要なスキルは「汲み取り力」「編集力」「技術力」

●「素直さ」があると成長曲線がまったく違う

●クライアントの信頼はまず希望に応えることから

●波に乗りたいなら沖に出ておけ

●適材適所はありますw

 

ゆーすけ

素直さはほんとーに大事!

経験がふえると、誰かから何か言われたときにスネてしまったりするんですよね….。

そうなると、周りからアドバイスをもらったり話を聞く機会を、無意識のうちにどんどん潰してしまってるって事になるので、もったいない!

ぽかべ
素直さか!なかなか自分のプライドが邪魔することもありそうですが、意識して気をつけていきたいですね〜。

お話していただき、ありがとうございました!

 

細部に神は宿る….まさにこの言葉を体現しているような誠実できめ細やかなお仕事ぶりのゆーすけさん。

「この人ならきっと期待に応えてくれるに違いない!」そんな信頼感が人気のヒケツであることは間違いなしですね!

ぽかべ
(ちったあワイも見習お….)

 

 

ほかの個人事業主インタビューを見る!

関連記事:「キャンパーズパラダイス東京」中目黒のキャンプ好きの聖地に突撃!

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「人類みな変人」「性は身近なもの」が座右の銘。新卒で2年間つとめた会社を辞めてブロガーになりました。セックスセラピストになるため勉強してます。趣味は今治タオルで体をふくこと。Twitter、instagramのフォローはこちらから↓