「仕事が忙しい方が成長できる」←実は永遠に成長しない5つの理由

 

クズバイブレーションうつ姫のぽかべです。こんにちは。

 

わたしが新卒で就活をしていたとき、面談などで興奮気味にこう話していました。

「なるべく忙しい部署に入って、バリバリ仕事して、他の若手に圧倒的に差をつけて成長するんや!!」

 

ぽかべ
いるいる、こういうこと言うヤツ!!!

 

その後、晴れて(?)会社でもっとも忙しい部署の1つに配属され、

終電まで仕事するのが当たり前の環境で仕事をしていましたが、

ぶっちゃけ、成長をクソほども実感しませんでした。

 

あんなに頑張っていたのに、なんでェ!!!!!

と、悔しさで顔中の毛細血管がブチ切れそうだったので、理由を考えてみました。

 

 

忙しい方が成長できる、はウソである5つの理由

 

 

理由1:熟考する時間がないから思考力が育たない

 

忙しいときって、その決断をしたらどうなる?というシミュレーションをする時間がないんですよ。

ベテランだったらいいけど、特に若手のうちは経験のストックがないからますます予測を立てにくい。

 

事前にシミュレーションができないので、

たとえ上手くいってもなぜ上手くいったのか?がわからない。

もちろん、失敗してもなんでダメだったのか?がわからない。

 

・・と、これじゃあじぶんのアタマで考えずにひたすら博打を打っているようなものですよね・・・。

 

 

理由2:振り返りの時間がなく、やりっぱなし状態になる

 

PDCAのうち、場当たり的にPとDを連打しているようなモノなので、C以降が圧倒的に欠ける。

振り返りができないから、次のPとDの質も上がらない。

 

こうなってしまうと負のループにはまってくる。

仕事は増えるのに経験値はぜんぜん上がらず、どんどん焦りと疲ればかりが蓄積していくのだ・・。

 

 

理由3:勉強(インプット)する時間がない

 

仕事を回すのに精一杯で、なかなか自分のスキル・知識に投資する時間が取れません。

加えて、忙しいと疲れるので、家に帰ってもヘトヘトで勉強する気が起きず、つらくなります。

つらっ・・と思いながら勉強すると、勉強する=つらいというイメージが定着するので、

勉強開始するのにますます心理的ハードルが上がります。

 

理由4:アウトプットする時間がない

Kazuaki Mugurumaさん(@kazuakimuguruma)がシェアした投稿

 

学んだことは、人に教えることで90%も記憶に定着するといわれています。

逆に、受動的にインプットした情報はすぐ忘れてしまいます。

せっかく仕事で学んだことがあっても、アウトプットする前にまた別の仕事を開始すると、

学びを忘れていってしまいます。

 

理由5:健康を損ない、成長どころじゃない

 

忙しいと、どうしても長時間労働になりがちです。

休養が取れずに体調を崩し、成長するぞ!とか言ってるどころじゃなくなる可能性もあります。

 

ちなみに、うつ病は脳内で喜びホルモン「セロトニン」が枯渇することで引きおこされます。

追い込まれた状態がずっと続きストレスがたまると、セロトニン不足がどんどん進むことも・・。

 

「忙しい時こそ、休養をとる」

健康を維持するために、目先だけでなく未来の自分に投資する視点が大切です!

 

 

そもそも、心の余裕がある状態じゃないと「いい仕事をしよう」と思えない

 

 

追い込まれているときには、目先の仕事を終わらせることしか考えられない。

(少なくとも私はそうだった)

 

ある程度、時間の余裕があって初めて「もっと工夫したい!良くしたい!」と思えるのではないでしょうか??

 

上司には「お前、もっと楽しそうに仕事しろよ!」「仕事への哲学を持てよ!」

と繰り返し言われていましたが、

必死すぎて仕事哲学なんて全然持てませんでした!

少なくとも凡人にはムリなので、それができるのは優秀な人だけです^^

 

 

現状を変えるために、時間管理術を学んでスキルアップしよう

 

もちろん、じぶんの時間管理術を磨いていけば時間が捻出できるようになる可能性もあるので、

ドンドンとブラッシュアップしていく必要はモチロンあります。

 

ちなみに、ぽかべもいろんな時間管理術の本を読み漁り、手当たり次第に実践していました。

なかでもこの本↓↓↓は時間管理悩んでる人にごりごりオススメしときますね٩( ‘ω’ )و!!

仕事できなすぎるコンサルマンが一転、社内トップになったノウハウを書いてる本です。

とくに、圧倒的に効率化できるオリジナルのTodoリストテンプレートが逸品。そのまま丸パクリしてました笑

 

 

時間管理術の本はいろいろ出ていますが、著者が驚くほどストイックだったりして必ずしも一般化できるノウハウばかりではないことがあります。

ちょっとこれ取り入れるのはムリだわ・・と感じたら潔くスルーしましょう!!笑

そういう意味で、上の本はもともとクソだった人が書いているので、凡人にも優しかったです*^^*

 

 

でも個人のチカラだけで環境を変えるのはムリ!

 

たしかに個人で業務効率化することも可能ですが、

そもそもじぶんの実力でこなすのは無理な仕事量をかかえている場合、個人ではどうにもなりません!!

 

わたしも「できません」とか「間に合いません」の一言が言えずに仕事を抱え込みがちでしたが、

他の人がいちばん困るのって、ヘルプを出されることじゃなくって、

仕事おわらず、もうあかん!!ってギリギリのタイミングでパスを出されることなんですよね・・。

そうなるくらいなら、事前に「ちょっと助けてくれませんか」って相談した方が10000倍マシです。

 

 

あまり自分を追い詰めず、いい仕事ができるように邁進していきましょうー٩( ‘ω’ )و!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼