あなたは「 მაგიდაზე」をご存知だろうか?

 

 

先日、とある出版社に勤める友人から翻訳のお仕事をいただいた。

でも、訳を全部文字で起こしたら、メチャクチャ時間がかかる。

どうしたものか・・・と思っていた矢先、思いついた。

そうだ、自動音声入力を試してみよう!!!と。

 

・・だが、この判断がのちのち自分を苦しめることになるなんて、ぽかべは予想だにしていなかった。

 

 

Google Documentの自動音声入力ソフト(神)

 

音声入力とは?

マイクに向かってしゃべった内容を、ソフトが自動で文字起こしして文章にしてくれるムチャ便利な機能だよ٩( ‘ω’ )و

漢字や簡単な英単語への変換もソフトが勝手にやってくれる!

 

これスゴくないですか?

文章書くのは苦手・・という人でも、マイクに向かって話すだけでドンドン勝手に原稿ができていく!!

 

ぽかべは、ひらめいた。

これを使い、「翻訳する英語の音声を聴きながら、同時に訳した日本語をしゃべる」だけで、

あっという間に原稿完成〜!!・・となるはず、ムフフ、と。

 

私が使ったのは、Google Documentについている音声入力の機能!!

用意するものはたったこれだけ。

1、PC

2、Google Chromeのブラウザ

3、Google アカウント

 

そして、無料!!

素晴らしい・・後光が差してる。

 

*もっと詳しい操作が知りたい方はこちらのサイトオススメ!わかりやすい(  ´∀`)

 

さっそく日本語でデタラメにしゃべってみた

 

素晴らしい、素晴らしすぎる精度だね。変換もカンペキ!

入力スピードも申し分ありません。

 

しかし、ふとここで

「もしや他の言語もあるのでは・・?」

と好奇心が働いてしまいました。

 

マイクボタンをぽちっと押してみると・・?

 

ブワーッ

 

うわ〜〜!!??

すごい数!!!

 

英語だけでも、アクセント別にこんなに選択肢があるなんて!!

Google先生・・すげーよ・・あんた間違いなく最高のセンコーだよ・・・

ググセン。

 

英語で名言を読みあげてみた

※overwelmingじゃなくてovercomingねw。世界を圧倒してどうする。君はバーフバリなのか?そうか

 

すげえええええええええええ

ぽかべのクソったれ英語でもちゃんと拾ってくれた!!嬉しい・・

ますますテンション上がってきた。

 

フランス語で名言を読みあげてみた

 

じゃあ、ぽかべが1ミリも勉強したことのないフランス語だったらどうだ!?

 

チョイスしたのはこのフレーズ・・・

Apres la pluie, le beau temps.(雨の後は良い日が来る。)

カタカナ読みで、「アプレ・ラ・プルイ、ル・ボー・トン」って読むらしい。

ホントか!?

ネットでテキトーに拾ってきたカタカナ読みを愚直に口に出すだけで、

果たして音声入力は拾ってくれるのか!!?

 

失うものなどない!頼む!!拾ってくれ!!

頼むうううううーーー!!!!!

 

 

いったああああああああああああああああ

 

例えようのない感動が、波のように寄せては返し、私の体を包むッッ!!!

 

なんということでしょう・・。

フランス語ネイティブじゃなくても、なんとなーくのカタカナ読みでも、

カンペキに拾ってくれるなんて!先生空気読みすぎ!!

 

 

 

・・と、熱狂の最中、ふとぽかべはあることに気づき、

頭から雷に打たれたような衝撃を受けました。

 

 

翻 訳 の 仕   事  が   全  く  進  ん  で  い  な  い 

 

 

・・・・・・。

 

・・でもさ、ググセン・・。あんたは俺に火を付けちまったのさ・・

 

いいか…お前ら良く聞いとけ…。

男だったらな…何かを守るために戦わなきゃいけない時が必ず来る…。

その時に…腹据えてどこまでやれるかで…

てめらの価値が決まるんだ…!!

by ヤンクミ(ごくせん)

 

そうだ!いまがその戦いの時!!

もう後には!!引けないんダッ!!!!!

 

 

イタリア語で名言を読みあげてみた

 

イタリアの格言を適当にネットから拾ってきました。

イタリア語って、「リゾット」と「ボーノ」しかしらない。

これまた、1ミリリットルも勉強したことがない言語です。

 

“Accipe quam primum: brevis est occasio lucri.”

「出来る限り早く受け取れ。利益の機会は短い」

 

「早く受け取れ」・・・

全くその通りだと思いました。

ポストに入った宅配不在票をつい1ヶ月ほど放置しがちなぽかべには、とても耳の痛い格言です。

 

このカタカナ読みは、

アッキペ・クァム・プリームム・ブレウィス・エスト・オッカーシオー・ルクリー

だそうです。

 

アッキペ、とか・・・

「人生で一度も使わない自信のある単語ランキング」でグイグイ上位に食い込んできそうです。

どうネイティブっぽく発音したらいいのかも、全くわからない。

これは手強そうだ。武者震いが止まらねえ・・!

 

だが臆することはない・・。

フランス語では、呆れるほどの愚直さにより成功実績を積み上げることができた。

イタリア語でも、この「愚直セオリー」は通用するのかぁぁぁぁあ!?

 

 

 

結果:「atp.com prima occasione」

 

・・・全く予想していなかった展開に、どよめく会場。(会場にはぽかべ一人のみ)

なんか・・短くない?

しかも、みたことない独自ドメインが紛れ込んできたぞ。

 

いったいこの言葉は、どんな意味を持つんだ・・!?

震える指で、翻訳してみた。

 

「atp.comの最初のチャンス」

 

・・・なるほどなあ。今この瞬間、全てを理解した。

世界には意味のないことなど何一つないんだ。

グーグル先生、あんたやっぱすごいよ。

 

解説すると、つまり・・・

 

ある男が、PC画面とにらめっこしながら悩んでいた。

「自分のwebサイトを始めたけど、ウェブサイトのドメインどうしようかなあ・・」

と、その瞬間!自分の頭の中に突然、太い男の声でこんな声が響いてきたのだ!!!

「早く受け取れ」

・・・男はこの奇異な体験にしばらく呆然としていたが、

「そうか、早くドメイン受け取れということか」と我に帰ったその瞬間、

取り憑かれたように「お名前.com」にアクセス。

男のウェブサイトの内容は、今もひきずっている元カノ達との思い出を泣きじゃくりながらぶちまけていく、という内容だったため、

元カノのあきこ・ともこ・ピン子の三人のイニシャルをとり、

atp.comという、自分だけの専用ドメインを取得したのであった。

「心機一転、一生このブログを書き続けていくぞ!」と、男は自分のサイトへの愛着も増した。

これが、新たなatp.comにとっての最初のチャンスなのだ!

 

・・・とこのように、

この格言の核心を見事に再現したストーリー仕立てで音声入力されていたんですね。

決して、聞き取れなかったとか、間違ったとかではないんですね。はい。

 

ただ聞き取った単語を忠実に羅列するだけでなく、

人生の機微があふれた裏の裏のストーリーまで汲み取り、

臨機応変に入力内容を組み合わせるグーグル先生・・。やっぱりものすごいお方ですね。

 

 

アラビア語の名言読みあげてみた

 

こちらも、1㎡も勉強したことのないアラビア語。

でももはや、私はどこまで行けるのか見てみたくなってきたんだ・・。

 

تكثر الأخطار حيث تقل المحبة

「愛が減った時に失策が多くなる」

 

ことわざとして伝わっている格言。

 

読み方は、

タカフォル・エル=アクタール・ヘイファ・タカル・エル=マハバ

だそうです。

 

砂つぶほどもピンときませんが、

ここまで目ざましい結果を残し続けてきた「愚直セオリー」を再度採用して、声に出してみよう。

 

 

例文:

 

結果:

 

・・うむ・・なんか・・なんか微妙に全然違う気がする。

よくわからないから、とりあえずGoogle翻訳してみよう。

 

!!!!!

 

・・なるほど、深い。深すぎるぜグーグル先生・・!!

 

愛が減ると失策につながる・・でも逆に、心に愛があふれた状態を保てれば、

たとえ混迷を極める国際社会の外交のワンシーンでも、

「ほっほっほ、貴国の政策は素晴らしいですな!ビバ諸国の報告!

・・このように、諸国にビバしてしまうほど余裕を持った対応をすることができ、

他国との関係も改善され、結果的に失策を防げる。

グーグル先生は、そんなことを仰りたかったのではないでしょうか?

 

我々よりも二歩も三歩も進んだ高い視座から気づきを与えようとする。

そんな先生の態度には、もう脱帽としか言いようがありませんね。

 

 

音声入力って素晴らしい!

 

・・色々な言語での音声入力にチャレンジしてきたが、いかがだっただろうか?

 

なにはともあれ、

音声が即文章に文字起こしされる利便性と、

多様な言語に対応している点には目を見張るものがある。

 

そして何より・・

入力結果に深すぎる哲学的ニュアンスを反映させてしまう、

グーグル先生の懐の深さを垣間見ることができただろう。

ちなみに、断じて入力ミスとか、間違ってるとかではないのである。決して違うのである。

 

ぜひ、あなたにも音声入力の魅力を知ってほしい。

レッツチャレンジ!★

 

※こんなアホみたいなことしてたら数時間経過していたので、

このあとメチャクチャ翻訳作業した。

 

 

番外編:謎言語たちとの戯れ

 

人形焼語

 

言語のプルダウンを見ていたら、思わず「なんやこれ」と思ってしまったものを発見。

それがこちら・・

 

 

なんか丸っこくて、浅草にいっぱい売ってる人形焼みたいだよね。

 

こいつに設定して、なんでもいいからテキトーにしゃべってみたよ!

 

IMG_2586

 

なんかめちゃめちゃたくさん入力が進んでいく。w

日本語に発音が近いんだろうか?!

 

ちなみに、適当にググりまくってたらこれが「シンハラ語」という

スリランカで話されてる言葉だと知りました。へえ・・

 

翻訳したら、こうなりました。

 

 

なるほどね。

飼い犬の「ロビンソン君」が、お姉さんとのコミュニケーションについて

いびつな形であっても、一応は成立させているんだよということね。

飼い犬の名前は「マロン」だったような気がするけど、きっと気のせいだよね。

 

ジェイスくんの似顔絵語

 

あと、もう一つ、てきとうにプルダウンを見ていたらこんな言語が・・

 

 

なんだろうこれ?! もはやこれが文字なのかもわからない・・

邪気を放つ2色だんごかな?

 

・・でもなんかこれ、どっかで見覚えがあったんです。

なんでだろう?と考えて、ふと思い当たったのが、

アメリカ留学中に友人のジェイスくんから描いてもらった「ぽかべの似顔絵」。

 

 

↑ ぽかべ。

 

ジェイスくんは、世界がこんな風に見えているようです。

 

なんかこれに似てるなあと思って。見比べてみてください。

ジェイス語だったのかな?

こんど聞いてみよう。

 

世の中にはいろんな言語があるのね〜、面白いです。ビバ諸国の言語。

 

以上です。お読みいただきありがとうございました。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼