悩んで何もできない!停滞期の原因と解決のために取るべき行動とは?

 

 

ぽかべ(@poka_resort)です。こんにちは。

 

私は2018年9月に、クッッッソスランプに陥りました。

一挙一投足が「これでいいのかな?」他人の活躍を見ては「自分はこれでいいのかな?」

 

これをひたすら1ヶ月繰り返し、行動する気力もなくなり、ブログも書けない、アイデアも出ない…

自分でも、どうしたらいいか分からない停滞期になっていました。

 

ただ、いろいろ壁にぶつかりながらもがいていくうちに、とりあえずニュートラルまで戻ることができました。

 

こちらは、わたしが実際にどうやってもがいたのか?どんな言葉をもらって元気が出たのか?をリアルに書いていく記事になっています!

 

 

停滞期の原因と解決方法は?

 

ストレスが増え、自分の価値観を見失ってしまうのが停滞期の原因です。

そのストレス源は、忙しすぎる、暇すぎる、環境が変わる、逆に全く変わらない、やりたくないことをやっている・・など様々です。

 

停滞期を脱出するには、自分の気持ちをノートに書き出したり、誰か信頼できる人に相談してみるのが効果的です。

つまり、自分を見失っている状態から、自分の気持ちをもう一度あぶり出すことが大事です。

モヤモヤしている理由と、この先自分はどうしたいのかをハッキリ言葉にしてみましょう。

 

以下、ぽかべの実際の体験を書いていきます。

 

停滞期ステップ1:そもそもの原因は環境の変化。

 

9月初旬には、オンラインコミュニティで運営を担当することになったり(詳細はこの記事で)、

自分のサロンを共同運営に変更したりと、自分の時間と体力の使い方がガラッと変わりました。

また、8月末から石川県に引っ越して来て、住む場所も新しくなったんです。

 

たぶんその、環境変化のクロスチョップに全く頭がついていってなかったのかもしれません。笑

そのうちに、「あれ?私って何がしたかったんだっけ・・」という風に、軸がブレブレになっていってしまいました。

 

ぽかべ
ここで勢いにまかせず、自分が大事にしたいことを整理する時間をとればよかったかもしれませんね。
ぽかべ
変化の真っ只中にいるときこそ、頭をシンプルにしておかないといけないのかも!

 

 

停滞期ステップ2:他人と自分を比較して落ちこむことが増える。

 

自分の軸がブレブレになっているので、いわば自己肯定できず、自信喪失している状態に!

周りの “スゴい人たち” と自分を比べてすぐに「ヤバい・・w」と思ってしまうようになりました。

 

会社員時代に言われたくなかった言葉ランキング第一位「お前使えね〜な〜」が脳内でリフレイン!

自分がなにをしたいか分からなくなるのと同時に、バカって思われちゃいけない病が、ふたたび顔を出してきたのです。

 

ぽかべ
自分を信じられなくなったら、そのぶん他人の判断軸を借りてしまうことになるんだね〜。

 

停滞期ステップ3:悩んでいることを人に言えず、抱えてしまう。

 

私は、悩みをひとりで抱え込みがちなタイプです。

その抱え込みパターンはふたつあります。

 

1、そもそも人に相談しようという選択肢が消えてしまう。

2、相談したいけど、バカって思われちゃいけない病が発症して踏み切れない。

 

わたしは大学時代に、2のパターンにハマりこんで失敗したことがあります。けっこう地獄でしたw

詳細→大学時代にサークル運営で大失敗した、たった一つの理由。

 

今回は多分、1のパターンだったと思います。私結構これが多いんですよね。

自分のことは自分で解決すべき!みたいな謎の呪いがあるんですね。笑

「そんなに悩んでるなら、なんで言ってくれなかったの?」と、よく悲しまれたり怒られたりするんですけど・・

 

ぽかべ
そっか!誰かに言えばよかったんだねww

 

ってなります。「相談する」という選択肢自体に、マジで気づいてないんですよね。

時々、え?!なんでそんなことも共有しないの?ってことも、できなくなってしまいます。

 

ぽかべ
これが “仕事できない” ってことなのかwww

 

周りが見えなくなり、勝手にひとりでウンウン悩んでしまう。

明らかに思考のクセなので、自分にはこういうところがあるんだと割り切ってやるしかないですね〜!

 

また、抱え込んでいた時期にはまったくブログが書けなくなりました!

というか、「なにかを生み出す」という行為そのものに、全然エネルギーが湧いてこなくなったんです。

以前バリバリ書きたい欲があったときには、キーボードと指先がつながって、スクリーンに顔がめり込み、このままPCと一体化するんじゃないか?!と感じていたくらいだったのに。

 

停滞期にも、毎日まいにち、「ブログ書きたい」「書かなきゃな」って思っていたんですが、

いざPCに向かうと、身体が拒絶するんですよね〜!

嫌気がさして、だんだん画面を直視できなくなってくるんです。笑

 

ぽかべ
相変わらず性欲はあったのにおかしいな〜。常にブログ欲と比例してくれぇ〜い!

 

停滞期ステップ4:理解ある周りの大人が連絡をくれた・・。

 

ウジウジ、ウジウジとしていたら、周囲の優しい人たちが言葉をかけてくれました。

この優しさのおかげで、ガッチガチぽかべはだんだんとユルユルぽかべになることができたのです。

 

ぽかべ
感謝してもしきれませんね・・。

 

 

 

ぽかべ
ちんぽって咲くんだ。あと伏せ字にできてないゾ。

 

 

ぽかべ
(この励まし、ムズッ!!)

 

 

ぽかべ
(ヤベッ!この会話深すぎて理解できねえ・・!)

 

 

ぽかべ
(この2人盛り上がっちゃってるぅ〜!もうワイの悩み相談関係ないやんけィ!!)

 

 

ぽかべ
しんぷるぅ!!!(でもメッチャ連絡くれてラジオで相談乗ってくれたじょおお)

 

 

ぽかべ
  ↑  この人まだ23歳です!

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽかべ
 ソイヤーッホ‼️🦍👋 =͟͟͞͞🍛 って・・一体なんなんだ・・!!!!?

 

一緒にサロン運営を始めた、相棒のM氏(@MandM003)もさんざん連絡くれました。

 

もともと相談することが苦手で、クッソ風通し悪かったマイメンタルに、

やっと風穴が通ったような気分でした。

 

停滞期ステップ5:自分から人に相談してみた。

 

先日、金沢で北陸のブロガーさんとオフ会し、

移住前から憧れてた、ぼりさん(@borilog)とお話しすることができました。

その時には、酒の力も手伝って色々悩みをぶちまけました。笑

 

ぽかべ
ぼりさんは、否定も肯定もせずにホントに丁寧に聞いてくれるから、すごく話しやすい。

 

 

ぼりさんに悩みをぶちまけた結果、自分がほんとうにやりたかったことが浮き彫りになったんですよね・・。

その「自分の軸」がハッキリ言葉になってから、モヤモヤがスーッと晴れていきました。

 

ぽかべ
むしろ、なんでこんなにズット悩んでたんだっけ?って感じでした。笑

 

マジでいろんな人の脳みそを借りて、私は停滞期から抜け出すことができたのでした・・。

 

 

【まとめ】もしも停滞期の自分にアドバイスするなら?

 

ぽかべ
まいにち、起床時と寝る前に自分の気持ちをノートに書き出せ!と言いますね。

 

誰にも見せない前提の日記やノートを用意して、赤裸々に気持ちを書くのがオススメです。

私も、今まで相当迷った時には書き出しをしていました。

でも、自分の考えは日々刻々と変化しているので、毎日やったほうがいいと思います。

借金ブロガーで一緒にブロギルの運営をしているしゅうへいさん(@shupeiman)も、毎晩ひとこと日記をつけているそうです。

そうすることでブレにくくなるし、ブレたとしても「自分はいまブレてるな〜」ってわかるからです。

 

Twitterやブログは人に 公開する文章なので、100%正直な言葉をぶつけるのは難しいですよね。

誰にも見せないノートに、一行だけでもいいから、まっすぐ自分と向き合う時間を作ってみるのをオススメします。

 

ぽかべ
あとは、悩んだらすぐ誰かに相談すること!!

 

誰かの言葉を借りることで頭の中がスッキリしていきます。悩む=相談する、とセットで考えてもいいくらいですね。

 

最後に・・・・

ぽかべ
光と陰があるように、活動してたら停滞するのが自然なので、停滞している自分を責める必要はゼロです!

 

ゆっくり自分に向かい合って、元気になったらすべてをネタにして乗り越えていきましょう〜!

 

ぽかべ
停滞期に、クッソうじうじしてたぽかべを支えてくれたみなさま、ありがとうございました…!!

 

   

【告知】

リアルな恋愛メディア『peek a boo(ピークアブー)』さんで、膣の締まりをよくする"膣トレ"について徹底解説した記事を公開中です!


>>毎日たった5分で締まり、気持ちよくなる「膣トレ」を徹底解説!次世代の膣トレグッズ「NUKUNUKU」をレビュー

記事がおもしろかったら、SNSでシェアよろしくお願い致します♡

2019年7月より、Twitterアカウントを一新いたしました。

新アカウントは@pokapoka_resort となりますのでよろしくお願いします!


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼