すぎなみレッドリボンPJ「これからの性について話そう」参加レポ!

すぎなみレッドリボンプロジェクト

 

ぽかべ(@poka_resort)です。こんにちは。

12月5日は『すぎなみレッドリボンプロジェクトエイズデーイベント「これからの性について話そう」』イベントに参加してきました!

ぽかべ
途中抜けしたけど、素敵なイベントだったよ〜

 

すぎなみレッドリボンプロジェクトって?

すぎなみレッドリボンプロジェクトは、若年世代等に向けたHIV等性感染症予防の 効果的な普及啓発を目的とする杉並区協働提案事業(杉並保健所保健予防課、NPO法人ピルコン、NPO法人HIVと人権・情報センター)です。

HIV等性感染症は予防できる感染症でありながら、若年世代で増えています。 その背景には、性に関することへのタブー感がいまだ強いこと、またHIV等 性感染症への関心が薄くなってきているという課題があると考えています。 本プロジェクトでは、同世代ならではの視点やアイディアを活かし、コミュ ニティの課題解決に参画する若者メンバーとともに、HIV等性感染症予防の 正しい知識の普及・啓発活動を行います。

レッドリボンは、HIV・エイズに対する理解と支援の象徴です。

引用元:​杉並区協働提案事業 すぎなみレッドリボンプロジェクト公式HP

 

ぽかべ
性感染症について啓発活動を行っている団体なんだね〜!

 

この団体が、WHOが制定した「世界エイズデー(12月1日)」に合わせてイベントを行ったのが今回の趣旨!

NPO法人ピルコン・染矢明日香さんと、助産師で性教育活動をしているシオリーヌさんが出演すると聞いて、ずっと気になっていました。

 

イベント参加特典でいただいた、啓発グッズたち

すぎなみレッドリボンプロジェクト特典

 

恋愛とセックスのマナーについて若者向けに作成された「すぎなみデートガイド」パンフレットや、

かわいいキティちゃんとレッドリボンがコラボしたメガネ拭き、

“One for me, One for you #14ME14U” をコンセプトにしたコンドームなどをゲットしました。

 

ぽかべ
グッズ作成、パンフ作成もそうだけど、本当に色々な活動をされているんだなあ。

 

色々な切り口からゲストを呼ぶ大切さを実感

 

このイベントのゲストは、色々な切り口から発信をしている人たちばかりで面白かった!

2すとりーと(せかんどすとりーと):たつやとゆうきのゲイ2人組のYouTuber
上村茂仁先生:産婦人科医(ウィメンズクリニックかみむら院長、日本性感染症学会評議員)
石川優実さん:グラビア女優、 #MeToo 運動noteが話題を呼ぶ
染矢明日香さん:NPO法人ピルコン理事長
大貫詩織さん(シオリーヌ):助産師

 

こういった、性についてのイベントって「もともと感度が高かった人」が集まる傾向がある。

でも例えばYouTuberの2人や、グラドルの発信者がきてくれたら、もともと性についてあまり関心が高くない人たちが来場してくれる可能性が高まりますよね。

そして、そんな人たちこそ、一番メッセージを届けたい人たちだったりする。

このイベントから、様々な発信者が力を合わせることの大切さを学びました。

 

産婦人科医・上村先生のプレゼンで印象に残った言葉

 

ぽかべ
なんでも同じだけど、パートナーシップも、コツコツと積み重ねていくより他ない。一瞬で全てを理解して、相手が思い通りの存在になってくれるなんてありえない。

 

私も今の彼氏とは3年付き合っていますが、やっとお互いに「腹を割って深い話ができる」と感じられるようになってきました。

きっと今が一番仲がいい状態。5年、10年後も同じように「今が一番仲良しだけど、これからももっと親密になれる!」そう思っていたい。

少女漫画、少年漫画の世界では「全てが自分の理想通りの白馬の王子様/天使のような女の子」が存在するけど、それはあくまでファンタジーです。現実ではこつこつとすり合わせるしかないんですよね。

 

ぽかべ
夢を壊すようだけど….

 

でもそんな対話の積み重ねがすごく楽しい。それがパートナーシップを深める醍醐味です。

 

私は性暴力や婦人系の疾患よりも、性文化の系統に関心が寄っているので、上村先生の講演イベントがあってももしかしたら参加しなかったかもしれません。

やはり、このような多様性のあるコラボイベントだったからこそ得られた視点でしたし、学びが広がりました。

 

改めて、すぎなみレッドリボンプロジェクトのみなさま、ありがとうございました!

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼