しんどいと思われてしまう親に共通する、たった一つの特徴

 

ぽかべです。こんにちは。

 

最近、友人と話していて、親子関係の影響ってほんとうに大きいんだな・・と実感します。

 

自分の考え方の根幹にまで影響してくるケースも多々あります。

それは、親を反面教師にしたり、規範にしたりと、さまざまです。

 

 

中でも、親がしんどい・・と明かす友人の数はかなり多いです。

 

そして中には、「いやちょっとそれは無いでしょ・・・」と思うようなケースもあります。

 

 

親がしんどい例①交際関係に口出ししてくる

 

ある女の子で、結婚を前提に付き合っている彼氏と大げんかした子がいました。

けんかしたコトをお母さんに打ち明けたら、

なんとお母さんが相手の彼氏に電話して、「うちの子と別れないで!」って直訴してた・・という話を聞きました。

 

もちろん、その子はカンカン。

家族会議の場で、不満をぶちまけたそうです。笑

 

子どもの人生に干渉してくる親・・・

「早く結婚して欲しい」「早く孫の顔が見たい」

そんな、親としての願望が抑えきれなかったのかもしれませんね。

 

 

親がしんどい例②夫婦関係の愚痴を聞かされる

 

これ、意外と多いんじゃないかな〜〜〜!?

特に、母娘の場合はけっこう多いと思いますね。

 

「いつもパパがこうで・・・」「私は頑張っているのに・・夫がこうしてくれなくて・・」

 

こういうこと言う親は、子どもに何を求めてるんでしょうね?!笑

本当に・・愚痴を聞かされる子どもからしたら、たまったもんじゃないですよ。

 

子どもからしたら、夫婦喧嘩を目撃してしまうだけでもショックなのに、

ましてや親の愚痴をきかされることが、子どもにとって精神衛生上どんな影響があるのかとか、考えないんですかね〜〜!?

 

周りでも、あまりに実例が多すぎてビックリしてます。

 

「うわ、自分やってるわ・・」って人がいたら、今この瞬間からやめてください。

子どもへの負のインパクトって思ったより大きいです・・。

 

 

ズバリ、しんどい親の共通点は「メンタル自給自足できてない」

 

なんでそういう、しんどい親がいるのか?

 

それはズバリ、

メンタル自給自足できてないから。

 

子どもって、親にとっては都合のいい存在にもなるんです。

自給自足できない場合、コンビニ的に子どもを使って補おうとしてる。

だから、子どもからしたら「しんどい」と感じるんですよ。

 

親が、「自分に足りない・・自信がない・・うまくいかない・・」って思ってる部分を、

精神的・物理的に囲い込みがカンタンな「子どもという存在」で補完しようとしてるんですよね。

 

 

親は、子どものことたくさん世話してあげてるので、たくさん恩を売ってるように一見みえます。

子どもも、世話してくれた親のことは、無下にはできない。

なので、親がなんか言ってたら、とりあえず聞いてはあげます。しんどいことでも、嫌々ね。

 

これが友人関係だったら、そうはいきません。

愚痴ばっか言ってくるやつは、フツーに距離をおきますよね。笑

 

でも親子関係だと、いろんな意味で子どもがそれをできない(しづらい)って親はわかってるから、

安心してしんどい行為に臨める、ということですよね!

(悪意たっぷりの書き方。)

 

 

逃げ場のない子どもを、感情のはけ口として利用する。

自分のことを嫌いになるハズのない子どもを、自分の都合のいいように利用する。

 

「親子関係」というアドバンテージを利用して、通常の人間関係だったら考えられないくらいに

しんどいことを平気でしてくる親が、なんと多いことか・・・。

 

 

だから、そういう親には、ひとこと言っておきたい。

 

子どもに頼らず、自分のメンタル自給自足できるようになってから、子ども産んでね!

 

 

自分のメンタルを補おうとした分、子どものメンタルはすり減って、どんどん消耗していきます。

 

それが、どんな形で自分に跳ね返ってくるか、いちど想像してみてください。

 

 

そうは言っても、親もタイヘンなのはわかります

 

・・・いろいろと厳しいことばかりぶちまけましたが、

やっぱ実際親になってみると、想像以上にクソ大変なことがいっぱいあると思うんですよね。

 

子どもの優しさに頼ってしまいたい時も、ぜったい出てくると思うんです。

(それに依存してはいけないと思いますが。)

 

でも、そんな時も大人としてメンタル自給自足していくためにも、

普段から自分の人生に向き合い、自分に自信をつけていかねば!と思います。

 

自分が親になる前に、メンタルもしっかりと自立した大人になっておきたいですね ʅ(◔౪◔ ) ʃ

 

 

 

 

以上です。お読みいただきありがとうございました。

   

【告知】

リアルな恋愛メディア『peek a boo(ピークアブー)』さんで、膣の締まりをよくする"膣トレ"について徹底解説した記事を公開中です!


>>毎日たった5分で締まり、気持ちよくなる「膣トレ」を徹底解説!次世代の膣トレグッズ「NUKUNUKU」をレビュー

記事がおもしろかったら、SNSでシェアよろしくお願い致します♡

2019年7月より、Twitterアカウントを一新いたしました。

新アカウントは@pokapoka_resort となりますのでよろしくお願いします!


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼