あの人に言われたあの言葉で、自分を縛るのはもうやめませんか?

その呪いもう解いていいよ (1)

 

 

ブロガーぽかべです。こんにちは。

私は大学時代の友人から、こんな言葉を言われたことがあります。

 

●コミュ障だよね

●リーダーというより庶民的な女の子タイプだね

●主婦向きだけどただの主婦って感じでもないよね

 

これだけ見たら「バカにするな!」「けなされてない?」という感想をもつかもしれませんが、

べつに根がヒドイ子とかじゃないです。笑

 

ただ、この子は周りからもすごく尊敬されていて発言力もあったので、

私も「ああ、この子がそう言うなら私はそんな人間なんだ」と信じ込んでしまったんですよね。

おまけにこの時期は人生迷走しっぱなしだったので、なおさら心の傷口に入り込みました。

 

そんな言葉たちを、私は社会人になっても心のなかで反芻していたのでしょう。

先日、家事をしながら考え事をしていて、ふと「ああ、でもこの考え方は私にそぐわないな….」と思ったんです。

でも、ふと立ち止まり、「ん?そもそもなんで、そぐわないと感じてるんだっけ?」と考え直した時に、その子からの言葉が呪いになっていたと気が付いたのです。

 

 

たぶんね、その言葉を使った本人は、高確率でその発言を忘れています!!!(笑)

あと、仮にその言葉がその時点では真実だったとしても、その時の自分と、いまの自分はまったく同じ人物ではないのですよね。

だから、いつまでも引きずってる必要はないんです。

 

 

 

 

あなたが無意識に、信じ込んでいたセルフイメージはどんなもの?

それは誰かからの言葉にもとづいてませんか?

そしてそれは、今も気にする必要のある言葉でしょうか?

 

もし頭の中で振り切ることができないなら、思い切って行動してみましょう。

「あれっ?な〜んだ、できちゃったじゃん!」と拍子抜けするかもしれません。

 

関連記事>>誰かをバカにして自分の心を守れる人がうらやましいと感じている

関連記事>>人を守り抜くために、人を切る。選ぶという覚悟について

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼