あの人に言われたあの言葉で、自分を縛るのはもうやめませんか?

ぽかべです。こんにちは。

私はとある友人から、こんな言葉を言われたことがあります。

 

●コミュ障だよね

●リーダーというより庶民的な女の子タイプだね

●主婦向きだけどただの主婦って感じでもないよね

 

※特定の人や職業を否定するつもりはありません。ただ、これだけ見たら「けなされてない?w」という感想をもつかもしれませんね。

 

相手は、べつに根がヒドイ子とかじゃなくて。笑

ただ、この子は周りからもすごく尊敬されていて発言力もあったので、

私も「ああ、この子がそう言うなら私はそんな人間なんだ」と信じ込んでしまいました。

おまけにこの時期は人生迷走しっぱなしだったので、なおさら心の傷口に入り込みました。

 

そんな言葉たちを、私は社会人になっても心のなかで反芻していたのでしょう。

先日、家事をしながら考え事をしていて、ふと「ああ、でもこんなこと考えてても、私なんかにはそぐわないだろうな…」と思ったんです。

でも、ふと立ち止まりって「ん?そもそもなんで、そぐわないと感じてるんだっけ?」と考え直した時に、その子からの言葉が呪いになっていたと気が付いたのです。

 

 

たぶんね、その言葉を使った本人は、高確率でその発言を忘れています!!!(笑)

あと、仮にその言葉がその時点では真実だったとしても、その時の自分と、いまの自分はまったく同じ人物ではないのですよね。

だから、いつまでも引きずってる必要はないんです。

 

あなたが無意識に、信じ込んでいたセルフイメージはどんなもの?

それは誰かからの言葉にもとづいてませんか?

そしてそれは、今も気にする必要のある言葉でしょうか?

 

たぶんそいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。ってやつですね。w

created by Rinker
¥1,089 (2022/01/22 20:39:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

もし頭の中で振り切ることができないなら、思い切って行動してみましょう。

「あれっ?な〜んだ、できちゃったじゃん!」と拍子抜けするかもしれません。

 

【2021年9月4日追記】でも、的を得ている場合もある(笑)

もちろん、自分がイヤだ!と思っているなら「言われたことを引きずる必要はない」って思います。

ただ、何気なくいわれて記憶に残っている言葉って「自分でもなんとなく気がついてたけど、認めたくなかったコト」の場合もあるんですよね。

例えばわたしの場合。

 

●コミュ障だよね

●リーダーというより庶民的な女の子タイプだね

●主婦向きだけどただの主婦って感じでもないよね

 

わたしはよく挙動不審と言われて、歩いてるだけでお店の人が笑ってたりもしますしw、ペラペラとノリよくしゃべるタイプでもないので、コミュ障って印象を与えてもしかたがないと思います。

また、リーダーというより庶民的なタイプ…というのも、当時は「えっ!リーダーシップがとれるようになりたいのに…」とか思ってましたが、

そもそも、リーダーになるのに「リーダーっぽく見える」要素ってあんまり関係ないんですよね。たぶんもっと大事なことがほかにありますよねw

 

主婦向きだけどただの主婦って感じでもない…については、「こんなことを言われて気にしているんだよね」と思い切って友人に話してみたところ、

そうだよね、ぽかちゃんは時間の自由があって四六時中パートナーとラブラブ生活を送っているから表向き主婦だとみられてもおかしくないけど。
ブログでこんなにオープンに発信している主婦もめずらしいから、たしかに「ただの主婦」ではないよね。

と、「ただの主婦ではない」の部分を前向きに解釈して伝えてくれたんです(笑)

 

人から言われて気にすることや、傷ついたことって、自分の中で気にしてしまう要因があるから気にするんだと思います。

だって、「お前は仕事ができすぎてイヤミなんだよ!」「ペラペラしゃべってうるさいんだよ!」って言われたとしても、「いや、私そういうタイプじゃないんで…」とまったく気にしない自信があります(笑)

こうなりたい!というセルフイメージを阻害するものだったり、薄々気づいてるけど自分の中で認められてない部分があると、図星だから傷つく…ってこともあるのかもしれません。

 

ただ、どちらにせよ伝えたいことは…

一意見として参考にしつつ、自分の好きなように生きなはれ!!!

…ってコトです(笑)

自分をどこかに連れて行ってあげられるのは、自分しかいないんでね!!!

女性が運営・バレない梱包のラブグッズ通販サイトがおすすめ!

\気軽に探せる「ラブトリップ」さん/

 

\最高品質で極上体験を「ミライカラーズ」/

ミライカラーズ

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼