ADHD・ストレス解消に効果抜群「マインドフルネス」!毎日1分で脳が厚くなる

ADHD・ストレス解消に効果抜群のマインドフルネス!

 

ぽかべです。こんにちは。

先日、初めて「マインドフルネス」を体験してきましたので、その時のことを書きます。

先に結論から言うと、マインドフルネスはかなりオススメなので、毎日1分だけでも継続してやった方がいいです!

 

マインドフルネスとは?

 

マインドフルネスって、言葉だけならば一度は聞いたことある方も多いんじゃないかな?と思います。

テレビで取り上げられることも増えてますし、本屋さんにマインドフルネスに関する本が平積みされてたりするので!

研究の進むアメリカでは、世界的企業のグーグル、インテル、マッキンゼー、フェイスブックなどにも導入が進み、また政府機関の研修でも取り入れられるようになっています。

ちなみに、私が以前勤めていた会社の、管理職研修の中にもマインドフルネスの項目が入っているようでした。

 

ぽかべ
だんだんと評価が高まってきているんですね!

 

マインドフルネスの意味

 

 

マインドフルネスとは、ざっくり言うと「”今ここ”に、ただ集中している心のありかた」のこと。

 

「今ここ」の時間軸だけに集中する

 

私たちは普段、「今ここ」ではなく、「過去」や「未来」のことで頭がいっぱいになりがちです。

起こってしまった出来事を思い出したり、後悔したり、はたまた何かの行く末を不安に思ったり、期待したり・・。なかなか、頭の中を駆け巡るおしゃべりが鳴り止むことがありません。

 

でも、マインドフルネスでは「あるがままの自分」に集中し、観察します。そして、その観察結果をただすべて優しく受け入れます。

こうすることで、感情に振り回されることなく、自分自身を見つめることができるようになるんです。

ぽかべが意外!と思ったのは、だら〜んとただリラックスするということとは違って、意識的に集中をするものであるということですね。

 

衝撃!マインドフルネスを継続すると、脳が厚くなる!

マインドフルネス 脳みそ

 

効果があると言われている脳の部位は、*前頭前野中央部および右島皮質。(Lazar et al, 2005)

 

しかも、その脳の部位は、下記の働きを司ると言われています。

①身体機能の調整(自律神経系の一部)
②情動調整(相手に合わせる力)
③感情のバランス調整(動物脳である大脳辺縁系に過剰な覚醒や鎮静をさせない)
④柔軟に反応する力(行動する前に考える力)
⑤恐怖を和らげる力(扁桃体を調整する)
⑥共感する力

・・・・などなど。

 

おや?これって、うつやADHDに効果抜群なんじゃないか?

 

 

先ほど、マインドフルネス実施により感情に振り回されることが減ると書きましたが、

それは習慣づけの問題じゃなくて、もはや脳科学的にも証明されていることなんです。

 

しかも、自分の体と1分の時間さえあれば、0円で簡単に実施できちゃうので、やらない理由がむしろ見つからないくらいですよね。

 

結論:とりあえず、やろう。マインドフルネス。

実際にやってみた感想!

 

申し込み⇨カウンセリングルームすのわ「マインドフルネス体験会」!

 

北千住にある「カウンセリングルームすのわ」さんの体験会にお邪魔しました!!

ちなみに、私は以前、心療内科で「ADHD傾向があります」と言われました。

その後、ADHDについて色々調べてたときにすのわさんのHPを見つけました。
カウンセラーの南先生は、ご自身もADHDの当事者、また鬱のご経験があり、そこからの治療経験を経験を活かしたカウンセリングや、ブログ記事の執筆を行っていらっしゃいます。ものすごく説得力がありますよね。

あと、イケメン(ぽかべのどタイプ)です。

 

こちらのカウンセリングルームでなにかイベントをやってないかな〜、と調べたところ見つけたのが、南さんが自ら講義するこの「マインドフルネス体験会」でした。

イケメンに会うため、ぽかべは早速申し込みをしました!

 

初めてのマインドフルネス体験!

 

北千住のカウンセリングルームの、明るいパステル調の小部屋で体験を行いました。

部屋には、癒される感じの音楽が静かにかかっていました。

 

集まったのは、参加者4名。あと南先生。先生はスウェットみたいな感じで、カジュアルな雰囲気。

みなさん参加の動機はそれぞれで、ADHD緩和法やストレス解消法を学びたい!などなど。

みなさんとてもお優しく、人の痛みに共感できる方ばかり。とても居心地が良かったです。

 

南先生はご自身の経験から、マインドフルネスがADHDの緩和や自律神経のバランスにとてもいい影響があると感じておられ、もっと多くの人にマインドフルネスを進めたいと考えているそうです。

 

当日は、資料としてパワポの印刷資料が配布され、マインドフルネスの概要や、脳科学的な効果などについて、15分程度、座学がありました。あとは、資料に基づいて、実際にいろいろ体験しながら進める感じでした。

 

実際にやってみよう!

 

参加者はそれぞれ、備え付けのヨガマットとクッションに、姿勢を正して着席しました。マインドフルネスは集中するものなので、集中を持続させるためのいい姿勢は大切!

 

南先生「やり方は、まず鼻から吸って、口から出して、深く呼吸をします。そして、“自分が呼吸している”ことに意識を集中させます。

 

南先生「途中、意識がそれて考え事をしてしまうかもしれません。

その時は、考え事をしている自分に気づき、“あ、考え事をしているな〜”と、観察してください。

いい・ダメ、とかジャッジしない。ただ観察し認識し、そんな自分を優しくありのまま受け入れます。

そしてまた、呼吸に意識を戻してあげるようにしてください。」

 

 

南先生の説明、わかりやすいなあ〜。そして、語り口や話し方が、優しさに溢れている。

なんて素敵な先生なんだろうと、ぽかべは終始感動していました。

 

 

南先生「それでは、詳しく説明する前に1分間、実際にマインドフルネスをやってみましょう!」

南先生「それでは、目を閉じて・・・」

 

 

みなさん集中して、スッーと静かになる教室・・・。

そんな中、ぽかべは一人で、

 

 

目をかっぴらいたまま南先生を凝視していました。

目をカッピラいたぽかべのイメージ図

「あーやっぱりかっこいいわ・・・・」


※ちゃんとやりましょう。

 

 

さすがにそのあとは、「これじゃあ、いかん。」と思い、講座に集中しました。
マインドフルになれ、自分。

 

 

体験会のいいところは、他の参加者と感想をシェアできるところ!

感想を話し合うのは、マインドフルネスの上達や、脳にとってもイイことみたいです^^

 

この体験会でも、実際に体験したあと、毎回みんなで感想を共有しました。

感想を聞いてて、人によって感じ方が全然ちがうので面白いなぁ〜、と思いました。

 

そう、マインドフルネスをやると、「自分ってこういう時、こう考えるんだな」っていう思考のクセやパターンがじわじわ見えてくるんですよ。

他の人と一緒にやると、それがよーくわかるので、オススメです。

 

私も、正直に感想を言いまくりました。
「来週友人とゴハンを食べに行く約束をしてるのですが、いつのまにかその時何話そう?って考えてしまってました。」とか言った時は、みなさんにハハハハハ♩って優しく笑われました。(やさしい)

 

あげく、「鼻がつまって呼吸ができず集中できませんでした。」とか小学校低学年みたいな感想を言っても、みなさん超優しく接してくれました。

南先生にいたっては、「このティッシュ使って!」とサッと出してくれて….しかもあの、しっとりしててチョット高い、いいティッシュ。

予想外にいいティッシュだったのでめちゃくちゃ遠慮したんですけど、こんな言葉をかけてくださいました。

南先生「自分をいつくしむことは、大事ですから。」
南先生「使い切っちゃう勢いで使ってください、なんなら何枚か持って帰っていいよw」

現代に舞い降りた菩薩かな?と思いました。

 

私も、人にティッシュをあげるときに「自分をいつくしみな….」って、そっと提案してみようかな。

 

 

いろいろなやり方のマインドフルネス

座ったまま呼吸に集中するのがスタンダードなやり方なのですが、歩きながら、体を動かしながら・・など、マインドフルネスにも様々な方法があります。

ちなみに、禅やヨガなども、カテゴリは同じなんですって。
そこから宗教的な考え方を取り去ったのがマインドフルネス、ということらしいです。

 

ねじり

この体験会では、体をねじりながら体の感覚に意識を向ける、という方法も試しました。
ADHD傾向のある人は、頭の中が忙しくなりやすいので、むしろ動きがあったほうが頭が静かになって集中しやすい!という人も多いようです。
実際に、参加していたADHDの我々には、こちらのやり方は好評でした。

 

歩きながら

ヨガマットの上を歩いて往復しながら足の裏などに意識を向ける、歩きながらのマインドフルネスも行いました。
最初は「足の裏で集中って、難しくない・・?」と感じましたが、実際にやってみるとわりと感覚がつかめて、気持ちいい、気持ちいい!

2往復目にはもっと集中の幅を広げて、足の関節の動きも感じてみました。
意外とやりやすいんです。何回かやったら、もっと集中できるようになりそう。

 

ガイド付き

ぽかべが断然オススメするのが、誰かにガイドしてもらうor音声を聴きながらマインドフルネスを行う方法。

私はもともと、うつだった友人に紹介された「寝たまんまヨガ」というスマホアプリ(←これ超オススメ)で似たようなことをやっていたのですが、寝たまま、座ったまま、など一定のポーズをとって、あとはガイドの音声に従うままに意識をコントロールして行く方法です。

ガイド付きだと、意識がどっかに行きやすいADHDの人でも集中しやすいですし、動かないからとても気楽にできます。

 

私は、寝たまんまヨガの音声で初めてトライした後、

なんかしんないけど今、私の体と宇宙が一体化してます?みたいな、

すごーーーーーく気持ちいい感覚に体が包まれてビックリしたのをいまだによく覚えています。

 

寝たまんまヨガには、無料コースもありますし、普通に楽しむなら課金しなくてもかなり満足できるので、是非一度試してみてください。

・・・総じて、マインドフルネスはぽかべのような初心者でもぜんぜんハードル高くないし、簡単にできました!

 

 

【まとめ!】マインドフルネスで、簡単に頭のリセットができるのでオススメ!

 

[su_box title=”マインドフルネスのメリット!” box_color=”#156ff7″]1.体・ちょっとの時間さえあればできるため、初期コストゼロ! 2.脳科学的なメリットがある。ADHDやうつに効果あり。 3.自分と向き合える、とても心地いい時間が味わえる![/su_box] 是非、みなさまもお試しください!!

 

以上です。お読みいただきありがとうございました。

 

   

【告知】

リアルな恋愛メディア『peek a boo(ピークアブー)』さんで、膣の締まりをよくする"膣トレ"について徹底解説した記事を公開中です!


>>毎日たった5分で締まり、気持ちよくなる「膣トレ」を徹底解説!次世代の膣トレグッズ「NUKUNUKU」をレビュー

記事がおもしろかったら、SNSでシェアよろしくお願い致します♡

2019年7月より、Twitterアカウントを一新いたしました。

新アカウントは@pokapoka_resort となりますのでよろしくお願いします!


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください