ポートランドのストリップ劇場「Mary’s」でなぜか私が脱いでた話

 

ストリップクラブに行ったら、なぜか自分がストリップしてた。

な….何を言ってるのかわからねーと思うが、安心してくれ、私にも全く分かっていない。

そう….あれは6年前….。大学生だった私が、アメリカはオレゴン州、ポートランドという街に留学していた頃のことだった….。

 

「なあなあ、ストリップ観に行こうぜ!」

ちなみにジェイス氏は日本語がペラペラである

 

友人のジェイス氏が、ある日突然言った。

「ストリップ観に行こうぜ!!!????」

 

この発言、読者のみなさまにとっては一見オープンすぎる印象を与えるかもしれないが、このとき、まったく驚くには値しなかった。

なぜなら、私も生粋の下ネタ狂であり、彼もまた「俺は馬並みチンポなんだぜぇ!!!」と日頃から明るく言い放つほどの「下陽キャ(しもようきゃ)」。

私自身、ストリップ劇場に赴くのは初めてであったが、不安よりも好奇心のほうがおよそ3070倍ほど勝っていた。

そう、性の探求者だったのである。

 

私はこう答えた。

「LET’S FU*KING GO.」

ついでに、ストリップは初めてだという繊細なジョンも巻き添えにして、いざ出発だ。

 

Mary’s に到着。フツーな内観だ。

 

我々は、まえから気になっていたMary’s Club Strip Club Portland(マリーズ)という劇場に到着。

日本のストリップ劇場と同じように、午前中から営業しているのだが、我々は、お酒を飲みやすい時間帯に鑑賞したいと思い、夜の時間帯にcheck in。

 

 

要するに、ど迫力である。

日本のストリップクラブは、盆(ステージ)と客席が厳密に分けられていることが多い。

しかし、私がアメリカで経験したストリップは、ステージと席が分かれつつも、ファンサービスで触れ合いがあったり、客席のギリギリ近くまで演者がきてくれたりと、境界線が曖昧な傾向があるような気がした。

繊細なジョンは、「oh….」ってすごい言ってた。

関連記事>>「Thunder From Down Under」ラスベガスの男性ストリップに行ったらエラい目にあった

 

ぽかべ
(ほ、ほんとに目の前でストリップしてくれるんやな….ドキドキ….)

このとき、ピュアな純ジャパガール・俺は、自分の身になにが降りかかるかなど、知る由もなかったのである。

 

ストリップショーのスタート!

とにかく全身にタトゥーが入りまくってムキムキだった。

 

音楽がスタートするとともに颯爽と現れたのは、

女海賊のような爆裂・グラマラスウーマン!!!

 

ぽかべ
こ、これがストリッパーの貫禄。しゅごい….

純情ジャパニーズウーマン(大嘘)の俺、この時点で圧倒されみが深くなりけり。

ステージ中央に固定されたポールを駆使して、ぐるんぐるん回転を繰り出すウーマン。

ただ、筋肉美は堪能できたものの、エロさレベルについては「….?」と疑問が残った。

 

ぽかべ
ストリップって、めちゃエロかと思ってたけど、意外とこんなもんか〜〜

そうやって、タカをくくった矢先。バトンタッチで現れた美少女に、私は度肝を抜かすことになる。

 

なんという清純派。

 

清純って響き、いいよね。

清純派が好きなのって、男の子だけかと思ってた、でもそんなことないンゴ。同性でもどっきんこ★するでし。

突如として現れた、源氏名「ボディーシャ」たん。かのセレブ歌手・アリアナグランデを少しだけ垢抜けなくした感じであった。か、かふぁいぃ。かぱぇえよ….。

そんなボディーシャたんが、目の前で、踊る!!!くねる!!!そして下着を脱ぐ!!!!!!!!

決してわざとらしいエロエロしさはないのに、自然な女の子の色気を感じるそのパフォーマンスに、俺氏、いとエキサイテッド。

 

ぽかべ
くぁwせdrftgyふじこlp

 

目の前の私の慌てふためきっぷりをみたのか、ボディーシャたん、クスクスと笑い始める。

ストリッパーさんは、同性の子が遊びに来てくれると、気を許していろいろサービスしてくれることがある。

そんなノリで、私と目を合わせながらセクシーなポーズを決めてくれたりするのだ。まさに、思考回路はショート寸前、である。

 

挙げ句の果てには、顔面のすぐ目の前に彼女の股間を近づけて…..

いたずらっぽい暗黒微笑を浮かべながら、ついに!!!!!!!わいの前でガパッッッッッッッッッッッッッッッッオライス!!!!!!!!

ガッパーーーーーーーーーーーーーーーーオライス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

顔を背けることしかできない私ィィイィィイ!!!!!!!!!
(でもなんかめっちゃピンクですげー綺麗だったような気が!する!)

一緒にきたジェイスとジョンは、わいの慌てぶりを見て「hahaha」とか言ってた。hahahaじゃねーよ。

 

そして事件は起きた。「さあ、シャツを脱いで!」

 

わたわたするワイを見て、ボディーシャ爆笑。

嗜虐心(しぎゃくしん)が煽られてテンションが上がったのか、こんな爆弾発言を投下しよったのだ。

「Take off your shirt!」

ぽかべ
んっ?

 

いったい何を言われているのかを理解するのに、数秒かかったが、つまり直訳するとこういうことである。

「you,そのシャツ脱いじゃいなよ!」

 

ぽかべ
ファッ????????(´゚ω゚`)

 

え、今….なんて言った?

私に「脱げ」って言ったのこの子?

ボディーシャたん、ねえ、そうなん?

いや…..ストリップ劇場って、お客も一緒に脱いじゃう系のアトラクションか何かでしたっけ?????

なんかイメージと違うけど….んん….おかしいな….いや、私が不慣れなだけなのか….??

 

▼そのときのワイの表情

 

この投稿をInstagramで見る

 

おおの(@syunka_shuutokahunshou)がシェアした投稿


いやなぜワイなん、そもそも….

てか、脱ぐとしてもワキ毛剃ってねえぞ、今思い出したわ。

ってか、ってか、今日、つけてるブラの色まじだっせえ。やっべえ。

サイズぱっかぱかの緑色だわ、一番ヤベーやつ付けてきた。

だっせえ、まじだっせえ、無理。まぢ無理。。。

 

ブラが、まぢダサすぎて無理!だと確信した私は、クソみたいな英語で応戦する。

ぽかべ
No. Today, my underwear(下着)is not fashionable.

 

しかし、なおもボディーシャの暗黒微笑はびくともしない。

周りの観客も、欧米特有の「Yeahhhhhh」みたいな感じで、いよいよ無責任に盛り上げてくる。

 

クッ、クッ、クソッタレぇえええええええ!!!!!!!!!!!!

 

ぽかべ
うわああああああああああああああああああああああああああああああ▂▅▇█▓▒░(‘ω’)░▒▓█▇▅▂ 

 

 

脱いだった。

 

 

 

 

・・・・シーーーーン・・・・

 

 

 

 

   \どっ/

なんかウケた。

みんな「フゥ〜〜〜!!!!」とか言って盛り上がってる。一方ワイは、ダサダサブラを晒して呆然と盛り下がっとる。

でもまあ、ボディーシャたんや、みんなが楽しんでくれたなら、いいか。

 

ぽかべ
フゥ〜〜〜〜★★

 

ワキ毛丸出しで踊るワイなのであった。

こうしてポートランドの夜は更けていく….

 

Mary’s Clubの基本情報

住所:129 SW Broadway, Portland, OR 97209
電話番号:(503) 227-3023
営業時間:月曜〜土曜→11:00AM – 2:30AM
日曜→11:30AM – 2:30AM
公式サイト:http://www.marysclub.com/

 

ぽかべ
みんな、ストリップに行くときにはダサダサブラを付けていかないように気をつけてくれよなっ!!

 

日本国内の、女性ストリップ劇場について、網羅してまとめた記事はこちら!

関連記事>>国内の女性ストリップ劇場一覧!初心者でも安心な口コミ付きで紹介!

 

アメリカの街で、全裸でチャリで爆走したまじきち体験談レポートはこちら!

関連記事>>Naked Bike Ride参加レポ!アメリカの街を全裸チャリで爆走しました。

※ここでも、繊細なジョンが無理やり付き合わされている。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「人類みな変人」「性は身近なもの」が座右の銘。新卒で2年間つとめた会社を辞めてブロガーになりました。セックスセラピストになるため勉強してます。趣味は今治タオルで体をふくこと。Twitter、instagramのフォローはこちらから↓