プロ漫画家と台本なしで即興マンガ描きあったら、あらすじが崩壊した

きゃろ大冒険バトル漫画 (1)

 

 

ぶたのおよめさまを連載している、プロ漫画家きゃろさんに….

 

ぽかべ
なんか、テキトーに漫画描き合ったらおもしろそう。ワイ漫画好きなんですよね〜

 

と、ダル絡みとしか思えない提案をしたら、

「おもしろそう!」とノってくれたのでやってみました。きゃろさんどんだけノリがいいんだ….泣

 

 

 

 

ということで、台本なしの即興マンガ、お楽しみくださいwww

(だいたい間隔5-10分くらいで続きました。)

 

 

第一話「特茶にしのびよる、あやしいブタ影」

 

目の前に特茶があったので描きました。

 

 

 

第2話「それ、実は”ドク”茶ですよ」

 

 

煽り文まで考えてるきゃろさん、ほんと漫画家だなっておもった。笑

 

第3話「”ドク”が全身に回って….!?」

 

1コマ目は、デスノートの夜神月が「ドクン」ってなるシーンを思い出して描きました。笑

 

 

第4話「ワタシ….変身してる?でも何かが違ーーう!」

 

きゃろしの画力がだんだん爆発してきました。

 

 

 

第5話「ブタ鼻と、突然のドッギャァァァァ〜〜ン」

 

言わずもがな、ジョジョの奇妙な冒険第一部の有名シーンパロディですね。

 

 

第6話「ゴクッ…!!!ゴクッゴクッ….!!!!」

 

なんでこんなに吸いまくってたんだろう…….

 

 

第7話「そなたは、”レッドメスブタプリンセス”の末裔だ」

 

一族の名前は5秒で決めました。

 

 

第8話「だんだん知ってる人が出てきた」

 

ん?どこかで聞いたことがあるが……..

それにしても、きゃろさんは何のペンで描いているんだろうか。陰影が濃いなぁ。

 

第9話「とある賢者の涙」

 

姫の悲しい過去が明らかに….

 

 

 

 

第10話「戦いの火蓋は、おそらくは、切って落とされた」

 

ここの登場シーンと「ちょ〜〜っとしゃべりすぎじゃな〜い?」

このせりふが、ほんとグッとくる。

「ハンターハンターを彷彿とさせるこの感じ最高だ….」と言ったら「あ、わかった?」と。

 

とここで、オチつけようや、というDM がきゃろさんから来る。wwww

まるでギャグマンガ日和のソードマスターヤマトを連載する作者ばりに、

頭を悩ませて悩ませて、出した結論が、、これだぁ!!

 

第11話「さよなら戦士、おかえり姫様」

 

「自分が死んでも回るコミュニティを作りたい」

この考え方が、3,000年もの戦いに幕を下ろしたのであった….

 

ぽかべ
いや長期間戦いすぎやろ。

 

 

【まとめ】やっぱり漫画家ってすごい。

 

ワイの無茶振りでふろしきをドーン!と広げても、

発想力と画力でシナリオを繋いでくれる….やっぱり漫画家ってすぎょい!!!

 

 

めっちゃ楽しかったので、ぜひまたやりたいです!!笑

きゃろ先生!ほんとにありがとうございました〜〜。

 

きゃろ先生の漫画は、こちらのnoteで読めるよ〜〜!!

 

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼