会社への違和感全開‥休職する直前に書いてた日記を晒して供養したい

 

ぽかべです。こんにちは。

 

会社を休職するちょっと前、私は会社の環境にすごく違和感がありました。

 

状況としては、こんな感じ。

  • 月80時間残業は、わりとある
  • 残業時間を気にして、タイムカードを実労時間より早く切っている後輩たちがいる
  • 寝てないからクソ体調悪くなる
  • 降ってきた仕事は、中身スカスカの仕事でも、何がなんでもやりきる
  • 降ってきた仕事に体制を調整するため、いつも現場が無理をしてる
  • 上司も寝てなくて体調悪い
  • まわりが変な咳をしていてコワイ
  • 上司の機嫌が悪くて、隣で常にヤバイ悪態をついてる
  • ミスすると延々怒られる(しかもミス多いからいつも怒られてる)
  • でも、私がやり遂げた仕事へのフィードバックはない(悪い方は時々ある)

 

よく続いてたなあ・・と、思わず遠い目になります。

でも当時は、「仕事できない自分が悪い」「自分が甘えてるだけ」「何がなんでも責任果たさなきゃ」

と思い、必死にこなそうとしていました。

 

この後ストレスで体を壊して、休職して今に至ります。

 

でも、体壊す前に、「どこかに、この気持ちを吐き出したい、心がつぶれる・・」

誰にも言えなかった心の葛藤を日記アプリに書き綴ってました。

 

今アプリを見返してたらそいつが出てきたので、供養としてここに晒します。

もしも、この内容に共感する人がいたら、その職場環境はクソなので今すぐ逃げてください。

 

 

心のモヤモヤをぶちまけた、3日分の日記

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぽかべは管理系の仕事だったのですが、

ルールが少々複雑だったのと、管理する項目がたくさんあったので、

細かい作業が好きじゃないぽかべは、すごく苦手意識がありました・・・

 

この時のぽかべは、苦手な上司と目があうだけで

蛇に睨まれたカエル状態になってました。

 

あと、「気持ちをどっかに出さないとつぶれる」はガチでそう感じてました。

でも、見栄っ張りだから人間相手にはなかなか出せなくて、

日記帳くんに全部受け止めてもらってました。

日記とおふとんの包容力はすごいんだって、社会人になってから知りました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ここから、別の日の日記です。

すっごく体調が悪くて、早退した日に書きました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

この、居酒屋でグダグダしてたときに気づいたのは、

会社にいて残業してると、時間の自由がまったくないよな〜ということ。

平日は、起きて家出て、会社行って、家帰って寝るだけの生活・・。

きれいに家と会社の往復だけ。

 

私の場合、彼氏と同棲しているから、土日も完全に自分のペースで過ごすってこともなかったし。

「誰かに合わせる生活」に疲れきっていたのかもしれません。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

次の日記は、朝出社してるときにハッ!と考えが降ってきて、急いで書き留めたもの。

この後、もう少しちゃんと自己理解が深まるんですけど、

このとき書いてた気持ちの断片を見返してみると、点と点が線で繋がっていくように感じます。

 

こういう記録は、あとで見返すと気づきがあるから、

浮かんだことを書いておくのはオススメです。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今思うと、「何かに向き合えない」のは自分の性格に非があるんじゃないんですよね。

「向き合いたい!」と強く思えるだけのことをまだ見つけられていなかった、ってことではないでしょうか。

 

よく、「つまらない仕事はない、つまらなく仕事している人がいるだけ」って言う人がいますが、

人間って、何でもかんでも面白い!って思える生き物なんでしょうか?

むしろ、面白いって感じなきゃダメなんだ!って思えば思うほど、つらく感じませんか?

関心がもてないものに必死で食らいつくより、自然に関心が持てるものに熱量を注いだ方が圧倒的に効率いいですよね?

きっとみんなそれに気が付いているけど、職場は仕事が選べないって思い込んでるから自分に言い聞かせてるだけだよ。

無理なものは無理、面白いものは面白いって言える人生にしたい・・そんなフラストレーションも自分の中に溜まっていたと思います。

 

でも当時のぽかべにとっては「レールの上でちゃんとやっていく」ことが至上命題だったから、

レールが正しい!

自分が正しくない!

って思考になっちゃってたんですね。

 

 

苦しんでいた、あの頃の自分に伝えたいこと

 

 

ぽかべの友人たちにも、ストレスで体壊す子達や、うつになって休職する子達がけっこう多いです。

 

連絡をくれたときに「ああ・・またか」と、とても悔しくなります。

 

どうして、体に限界が来るまで無理して頑張らないといけないのか?

どうして、体を壊さないと心の声に正直になれないのか?

 

そう思うんです。

 

同じように苦しんでる人に、いちばん伝えたいこと。

あなたがいなくても会社は回ります。休めます。

 

「会社のなかの自分」はぶっちゃけ、いくらでも世の中に替えがある。

私は、ぶっちゃけ繁忙期で一番忙しい時期に休職したし、5月には一番大きいヤマが控えてた。

しかもその担当はほぼ私一人だったから、

「私が抜けたらいったい職場はどうなるの!?」と思ってました。

 

でも残念ながら、私がいなくても会社は回ってる。悲しいことに。

 

 

でも反対に、自分という存在そのものには替えがない。

壊れたら、壊れたまんま。

そして、壊れても、会社は責任取ってくれない。直してくれないんだよ・・・。

だから、壊れる前にさっさと逃げよう。

 

 

以上です。お読みいただきありがとうございました。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼