恋人とは永遠に分かり合えないものなので、安心して付き合いましょう

行動原理は一人一人違うんや

 

彼氏と同棲して数年のブロガー、ぽかべです。こんにちは。

 

さいきん、珍しく恋愛に関して大きな気づきがあったので書いておこうと思います。

それは、恋人と自分の行動原理は違うので、どっちかに合わせるのはムリということです。

ここがわかんないと多分、恋愛で永遠に消耗するのではないでしょうか?

 

「なぜ、このポイントで、こんな反応?」と思い続けた3年間

 

私とかれぴはほんとに凸凹コンビ。自由と混乱を求めるタイプの私と、日常を守りたいタイプのかれぴです。

 

私は、常に変化・成長して「人生の目的」に対して少しでも自分を近づけたいと思っています。

一方、かれぴにとっては、家族という単位で、生命の維持と営みが安全に行われることが大切だそうです。

どっちがいい悪いとかではなく、何が自分にとっての「大切なこと」なのかが違うんですね。

 

例えば、以前こんな会話がありました。

ぽかべ
こんな仕事がもらえたよ!記事に反応あったよ!
かれぴ
よかったじゃん^^
ぽかべ
こんな気づきがあってね….
かれぴ
よかったじゃん^^
ぽかべ
(あんまり反応ないな….w)

※もちろん、お祝いしてくれたりとかしてますけどね!!笑

 

これに対し、ちょっとした生活に関することだと….

かれぴの行動原理

 

ぽかべ
普段こんなにスタンプ連打しないのに!掃除ひとつでここまでテンションが上がるなんて….!?

 

こんな風に、生活基盤の改善とか、家庭の維持については小さいことでもかなり好感触なんです。

でも、私が家を空けるときなど、仕事にプラスになることでも「なんでいないんだよ〜〜」とかキツい言葉を使われることがあって、けっこう凹むことも。

 

この違いの原因は、「私が大事にしているものがうまく理解してもらえてないからだ」と思っていました。

その都度わたしは、まだまだ分かり合えていないんだな….と絶望に似た気持ちを抱いてきましたし、

もう我々が交わることはないだろうと決めつけ、別れたいと考えることもありました。

 

行動原理の違いに一喜一憂しなくていい。気が付いたのは生理2日目の夜

 

とある生理2日目の昼….わたしは、あまりに下腹部が痛くてベッドで悶えていました。

ほんとはお昼ご飯を作る予定だったのですが、それどころではなく、彼になんの言葉もかけないままうずくまってしまいました。

 

ぽかべ
(あ〜昼飯作れない、でも痛い………かれぴ君、お腹さすってくれないかなあ….)

 

その時….かれぴがとった行動は、

ソファーで平然とお菓子(ビーノ)を食べ始めるというもの。

 

ぽかべ
(えっ、この人サイコパスなのかな….!?)

「本当に別れた方がいいのかも」とかぐるぐる考えながら、薬が効くのを待ちました。

 

後日、モヤモヤに耐えきれなくなり「サイコパスかと思ったんだけど」って打ち明けました。そうしたら、

かれぴ
無理して昼飯を作ってもらうわけにいかないから、あえて話しかけずにそっとしておいた。あれは俺なりの優しさだったんだ。

と、言われました。

 

その瞬間、私の中で完全に何かがストンと腑に落ちました。

ぽかべ
あ、「生活の秩序」こそが彼にとって人生でもっとも大事なことなんだな。

 

そもそもかれぴ君は、先を読んできっちり行動するタイプ。

やるべきことをやって、生活が滞りなく維持されることに喜びを感じるタイプなんだな〜と思いました。

それが第一優先だから、「何も言わずにそのタスクから一時的に私を外してくれた」ことが彼なりの最上級の優しさなんだ、と。

 

ぽかべ
愛の形、それぞれすぎかよ。これ一喜一憂する必要ないわ。

 

※彼のことを一方的に書いてるので補足してますが、ロマンチックなデートをしたり、夜中に突然花とケーキ持ってサプライズしにきたりとか、私が喜びそうなこともメッチャしてくれています!!

 

行動原理は、本人もパートナーもなかなか把握できないもの

 

「君の喜びが僕の喜びだよ」とか「二人でただ一緒にいるだけで楽しい」とか言う人もいるでしょう。

でもそれは、無意識レベルの行動原理による発言でしょうか?

教育やドラマなどのコンテンツの影響で、本人が無自覚に言葉だけでそう言ってるだけかもしれません。

 

そこが一致していないと、「おや?なんか言ってることとやってること違うんじゃない?」と感じることも普通にあると思う。

でも、悲観してるヒマはありません。この人ってどういう人なんだろう?とよく観察して、自分のためにも相手のためにも知っておく必要があります。

 

私もまだまだ未熟ですが、こういう考え方ができるまでに3年の歳月がかかりました。

主観を排して人を理解するというのは、ここまで奥が深いことなんですね。気力、手間、時間がかかります。

 

 

行動原理を変えるのはムリ。シンプルに「好き」で今後の関係性を決めよう

 

他人の考え方を変えようとするのは不毛です。

あくまで自分にとっての強烈な気づきがないと、考え方なんてそうそう変わるものではないのです。

 

恋愛においても一緒で、なんで分かってくれないんだろう?とか、どうしてこの人はこうなの?とか、

そんなこと考えたり、言ったりしてても、ただ消耗するだけ。

 

相手のことをちゃんと分かってあげて、その上でいつもよくしてくれてるな〜って意識を持ってもらわないと、

「相手のために自分を変えよう」なんて思ってくれないです。というか私自身もそうですし。

 

だったら、相手のことをよく観察して、知って、それでも一緒にいたいと感じられるかどうか?

このシンプルな基準で、関係性を続けるかどうか判断すればよいと思います。

 

9月にぼんやり言語化できたので以下のツイートをしましたが、ほんとこの通りだと思ってます。

 

違う生き物が一つになることは、ムリです!!!

ですからそこはサクッと諦めて、それでも好きって思えるかどうかだけ考えましょ!

 

わたしはこの学びを通して、ますますかれぴのことが好きになれたので、嬉しかったです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼