中国のマジでやばいコンドーム「毛毛虫」を使ってみた衝撃レビュー!

 

ラブグッズ愛好家ブロガーぽかべです。こんにちは。

 

2019年4月末に上海ラブグッス国際見本市に行ってきました。

関連記事>>「上海のアダルトグッズ見本市」に行ってきた!桃源郷か地獄絵図か!?

 

その時にお土産として「毛毛虫」というグッズを購入しました。けけむし….?

 

こちらが「毛毛虫」です。

 

そしてこの顔である

 

え?悪ふざけしか感じないけど大丈夫….?

80元(2000円くらい)したけど、好奇心に負けて購入してしまいました。なんだこれ。

 

「毛毛虫」を作っているメーカーさんは?

 

「倍力東」という中国のコンドームメーカーさんです。日本ではなかなか見られない、イボつきコンドームや、カラフルなコンドームを販売していて楽しい!

 

いちばん右なんて「キンピカコンドーム」ですね。俺のちんこはピッカピカだぜぇ!

 

ぽかべ
左のやつ着けたら、亀頭だけ真っ黒になるってこと?勃起したちんこに装着して仁王立ちしながら亀頭ソックスつけてる男性を思い浮かべたりしたらもう…え、もう….笑うよね????

 

まあ、そんな感じで実用的なゴムからなんかやべえゴムまで、いろいろ作ってるんですな〜!

 

さあ!「毛毛虫」を開封だ!

 

毛毛虫の裏面には、

Feeling Feeling Giving me feeling

の文字が。いちおう気になったので翻訳。

 

 

Kanjiru Kimochi

とのことなのでご査収ください。

中国語検定3級(ドヤれないレベル)のワイがマジレスすると、その下の中国語が”给我感觉”なので「ワイを感じさせてみろやオラァ!!!!!!」くらいの意味でしょうね。

 

あーこの顔。腹が立つ。

 

まあ顔はおいといて早速、オープン the 毛毛虫!!!!

 

 

….ということで、開封すると、こんな感じになっていました。

てっきりコンドームだと思って購入したけど、どう考えても指サックサイズですね。手マン用だったのかこれは。

 

ちなみに、付属のコンドームが2枚くらいついてるので、かぶせて使えばいちおう使い捨てではないっぽい。

でもコンドームで覆っちゃったらいぼいぼの意味が無くなる気が….笑

 

いぼいぼ本体の下にくっついているピンクのモーター部分は、ブブブとバイブレーションします。

↑の動画を見ていただくと分かるのですが、スイッチがあるのではなくて、リチウム電池かなにかをハメこむと通電してブブブと動き始めます。完全に手動ということですね。

毛毛虫本体で手マンしているときに、クリトリス刺激も同時にできるということ。なんだ、悪ふざけかと思ったらけっこう考えてるじゃん!毛毛虫!(失礼)

こんな構造のグッズを見たことがなかったので、とっても面白いです。

 

いぼいぼ本体はというと、たしかに角が突き出てはいるのですけど、ぜんぜんカタい材質ではありませんでした。プルンと柔らかいです。

 

挿入の感想(表現がダイレクトだな)

 

ぽかべ
若干不安が残るんだが、本当に入れて大丈夫だろうか….
かれぴ
怖いならやめときなよww
ぽかべ
ほんとにダメそうだったらやめとくわ….

※わたしは自らの好奇心で試していますが、挿入が不安なグッズは「入れない」ってはっきりとパートナーに言うようにしようね!

 

最初は、なんかなかなか入りませんでした。そりゃそうだあんな形だもの。ローション併用したほうが良さげですね。(まあ毛毛虫をこれから使う人がいるか分からんけど….)

 

ぽかべ
あ、入った
ぽかべ
….おや….?

 

ぽかべ
なんっっっも感じねえ、なんだこれ。

 

それもそのはず、膣内はじつは「鈍感」なんです。

 

実は、膣の入り口付近は感じやすい部分ですが、膣の中央から奥へ向かうほど鈍感になっていきます。

そもそも、膣の内部は出産時に赤ちゃんが通ってくる場所。もし神経が集中して敏感な構造だったら、出産で激痛が走ってしまいますよね。

出産時でなくとも、婦人科で子宮頸がん検診で、膣の奥の方を綿棒のようなものでグリグリされるのですが、「何かが触れてる?」くらいなもので、ほとんど何も感じないです。人によっては、この時に痛みを覚えたりもします。少なくとも「気持ちいい!」には繋がりません。 ーmessyより

 

「膣内は産道であり、鈍感だ」と知識として分かってはいたものの、毛毛虫の感触をなんっっも感じなかった時にはさすがに驚きました。おお。ガチじゃん!とむしろ感動。

ただ、膣口付近や膣奥部分にひたすら圧迫感と不快感があったので、「あ〜ここは感覚を得られやすい部分なんだな」と学びました。

 

毛毛虫よ、貴重な学びをありがとう!そして….さようなら!!!!

 

かれぴ
これどうすんの?
ぽかべ
いやもう不快だからいいや….さよなら….

 

ひとつ補足を。いくら膣内が鈍感だとはいえ、それはあくまで感覚の話です。

膣は粘膜であり、臓器であり、めちゃくちゃデリケートな場所だってことをお忘れなく!!!

 

ぽかべ
無茶しちゃあかんよ、無茶しちゃ。

 

ってことで、どこかで誰かが毛毛虫に出会う可能性があるかどうかはまったく分かりませんが、万が一チャレンジすることになったら、参考にしてください。

 

関連記事>>おすすめコンドーム!実際使った詳しい感想と素材説明つき

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「人類みな変人」「性は身近なもの」が座右の銘。新卒で2年間つとめた会社を辞めてブロガーになりました。セックスセラピストになるため勉強してます。趣味は今治タオルで体をふくこと。Twitter、instagramのフォローはこちらから↓