「会社」は休んでも大丈夫。一生代わりが見つからない「自分自身」を大事にしよう

会社 オフィス

 

会社員休職中ブロガーのぽかべです。こんにちは。

 

突然ですが、会社を休むと部署の人に迷惑がかかると思っていませんか?

答えは、はい、確かに迷惑をかけると思います。

・・でも、会社やチームは、悲しいことにそれでも回るんです。

「不在にして、会社やチームが回らなくなったらどうしよう?」っていう考えは、残念ながら自意識過剰です。

 

「自分がいなかったらどうするの!?」と思っていた休職前

 

ぽかべは、体を壊したことがきっかけで休職を考え始めました。

 

でも、ちょうどその時期は、次年度の準備などでかなりの繁忙期

しかも、担当していた仕事はかなり複雑な事務を伴い、何億円ものお金の動きに関わる仕事でした。

 

やりかけの仕事もたくさんあり、引き継ぎもしないまま、それを残して突然休むなんて・・。

考えただけでも、ゾッとするような状況でした。

 

でも、メンタルもボロボロで仕事のメールを見るのも辛い状況。

心療内科の先生のすすめもあり、思い切ってすべてをシャットダウンし体を休めることを最優先しました。

 

悲しいかな、会社は回った。いつも通りに。

 

会社を休んで2ヶ月後・・・

優しいチームの後輩が、心配して連絡をくれました。

その時、思い切って「仕事は回ってる?大丈夫?」と聞いたんです。

 

「ご懸念だったあの仕事は、なんとか完了しました!」

 

おや・・!?

あんなに不安だったのに、私宛の問い合わせが1つもないまま、完遂されてる・・!!

 

そして今。

「この仕事が終わったら、そのポストの役割を果たして、異動だね」と言われていた一番の山場ですら、

私になんの問い合わせもないまま、無事に終わろうとしています。

休んだ時、部内で他にその仕事をちゃんと分かっている人なんてほぼいなかったのに。

 

・・会社って、1人欠けたところで、なんだかんだ回っていくんだなぁ。

ど繁忙期に休職した私は、しみじみとそう感じたのでした・・・。

 

「でもこんなの、入社間もないペーペーの平社員だからだろ???」と思うかもしれません。

もちろん、会社やチームに与える影響が小さいからなんとかなった、というのもごもっともでしょう。

でも本当にそれだけでしょうか?

なんだかんだ、社長が変わっても会社はつぶれない

 

ポジティブな理由、はたまたネガティブな理由でも、社長が突然交代することはありますよね。

 

・・でも、社長が辞めたor交代したからって、

会社ってすぐにつぶれてますか?

 

そんなことないと思います。

 

組織の一番の意思決定者である社長が辞めたって、会社はつぶれない。

そうであれば、社長以外の社員1人が辞めたからって、社内が大騒ぎになるでしょうか?

 

・・もちろん、自分を過小評価せよ、と言ってるわけではありません。

社員がどんなに素晴らしい仕事ぶりをしていても、

なんだかんだ他に代わりがいるんだよ。ってことです。

 

奇しくもこの記事を書き直している2021年9月には、コロナ対策に尽力した菅総理が「総裁選には出馬しない」と突然表明し、世間をザワつかせています。

この国の政治のトップが交代しても大丈夫なら、自分も大丈夫かも…って、ちょっと思っちゃいませんか?笑

 

いっぽう、自分の人生はどうだろう。

 

一方で、自分自身の人生については、どうでしょうか?

 

あなたが、自分の人生を辞めてしまったら、代わりがいるでしょうか?

 

・・・いないんですよね。

自分の人生を他に生きてくれる人は、宇宙の中で1人も見つけることができません。

 

自分の意思もそう。

身体の健康もそう。

他の誰にも担当できない自分の役割もそう。(ママやパパ、とかね)

 

会社員としての役割と違い、代わりがきかないものも、たくさんあります。

 

 

私は、こう思います。

自分以外に代わりのないものを、優先していけばいいじゃないか、って。

 

 

会社休むと、確かに迷惑かけます。

でも、それは一時的なものです。

5年後、10年後、50年後まで、ずーーーっと代わりが見つからなくて困る!

・・そんなことはあるでしょうか?

 

でも、自分の人生については、

5年後、10年後、50年後まで、ずーーーっと代わりのものなんて現れません。

 

どっちを優先すべきか、明白ですよね?

 

いま、迷って苦しんでいる人の背中を、少しでも押せますように・・。

 

女性が運営・バレない梱包のラブグッズ通販サイトがおすすめ!

\気軽に探せる「ラブトリップ」さん/

 

\最高品質で極上体験を「ミライカラーズ」/

ミライカラーズ

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼