貯金ゼロの私が、グッダグダになりながら初めて会社をつくってみた話。

 

こんにちは、ぽかべ(@pokabe_com)です。

 

このたび、会社を設立して「法人化」しましたっ!イエ〜〜〜イ!!!!!!

 

しかァし。

そこまで行くのにもう、グッダグダの滅茶苦茶でしたwww

 

というかそもそも、貯金ない状態で作ったから「あれ?手続きにかかるお金足りないのでは?」と気づき、

もうどうしようもなくて「はじめてのアコム」デビューをキメ、あげくのはてに現金が欲しすぎてデリヘルの面接を受けにいきました。

さらに、手続きをサボッて先延ばししすぎて、めちゃくちゃ遅れて書類を出したら「期限切れなので取り下げてください」と言われたり…

 

ぽかべ
もうね、なんかね、お前なにやってんの?って感じでした(しろめ)

 

上記に挙げたミスは、マジでほんの一部。

ミス・ミス・ミス・ミス・ミス・ミス・ミス!頭の先からミスの雨〜〜〜(ザ・クロマニ●ンズ)

 

でも、今はなんとか第一期の決算も終わり、「そうか…こうすれば会社はカタチになるのか…」という輪郭が、おぼろげながらに見えてきたような段階です。

 

そんな今だからこそ、心の底から自信をもっていえます。

貯金が20万円くらいあれば、会社 “だけだったら” 誰でもつくれるということを!!!

 

だって、こんなムチャクチャな私ができたんだぞ!!!!!w

なお、ひとり法人にはなにかとオトクな仕組みも多いし、なにより生活の視点が変わるので、より成長できると思ってます!

ですから個人事業主で、ある程度収入があるならチャレンジするのもおすすめです。

 

ということで、2021年5月7日に法人登記が完了し、第一期の決算(7月31日)がちょ〜〜〜ギリギリで終了するまでの一部始終を、参考までにご紹介してまいりま〜〜す!

 

【質問】どうして会社を作ったんですか?

 

【回答】ノリです。(カス)

 

いちおう弁解すると「ああ〜法人化できたらいいなあ…」とは、数ヶ月ほどボ〜〜ンヤリと考えていたんです。

セックスカウンセラーなど性に関わる活動をしていたので、「性に関する発言=生身のわたしの意見」というイメージに気を使い続けるのが、少しストレスになっていました。

そこで以前、同じ業界の先生から「団体のかたちにすれば、個人ではなく組織のイメージとしてサービスをとらえてもらいやすい」というアドバイスをいただいていたことがあったのです。

 

 

なるほど、やってみよう!と思いました。(素直)

でもやり方が分からなかったので、「法人化したい〜〜法人化したい〜〜」と(中身も分かってへんのに)バカの一つ覚えのように唱えているだけでした。

 

そんなとき、経営をしている知人たちが口を揃えてこう言いました…

「アノお方に相談してみたらどうかな?」

「ア…アノお方っ?!?!?!(ごくり…)」

 

そう…アノお方とは、国内外で会社を4つ経営していて、個人事業主の法人化コンサルも行っている氏家先輩のことでした。

先輩とは数年前からTwitterでつながっていたのですが、

どんな切り口のニュースであっても「だからこそ、筋トレが大事」という結論に結びつける…そんなイメージがありました。(どんなイメージ)

しかしそれは先輩のほんの一部分。経営はもちろん、お金の資格を持つ専門家よりもお金周りにくわしいといっても過言ではない、そしてデカイ!!!!

まさに「百獣の王」だったのです。

 

これは…流れが来ている。チャンスをつかむしかないっ!

 

ぽかべ
たすけてください(´・ω・`)

氏家先輩「じゃあ、サクッと法人つくってみよー!」

ぽかべ
え…そんなノリ?( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

氏家先輩_集合写真

その流れで、氏家先輩がめっちゃときどき開催する「個人事業主を損させないセミナー」に参加。

そこで学んだのは…ひとり法人化によって、税金のしくみもうまく使っていけるということでした。

 

会社設立や支出入の記帳サポートもうけられることになり、あとはもう実際につくるだけェ!!!!!!

やっと、スタートラインに立つことができました。

 

ちなみに、会社名は友人たちといっしょにZOOMして決めました。

私の人生観が「人生は思い出づくり」。
私にとっての いい思い出は、チームが同じ方向をむいてお祭りのように熱狂しているときが最高!
だから「祭」という字を入れたい。

…という価値観を伝えて、わいわいアイデア出ししました。

 

 

会社名前出し 奇祭

 

「株式会社陰キャ陽キャ」って、なんすか。

 

でもさ、思ったけど、どっからお金もってくるつもり…?

楽天銀行の残高

 

ぽかべ
まあ、なんとかなるっしょ!!!!!

 

ぽかべ
・・・・・あれ?

 

ぽかべ
なんとかなんないかも★!!!!

 

せめて「株式会社 設立 費用」でググる、ということくらいは事前にしてくれマイセルフ。

 

いわゆる法人をつくるには何種類かあるのですが、株式会社を設立するには、最低でも202,000円の支出が必要です。
※定款を電子にして収入印紙代を4万円浮かせた場合

これは法律で決まっている金額なので固定です。(2021年10月現在)

  • 定款の認証手数料 50,000円
  • 定款の謄本手数料 2,000円
  • 設立にかかる登録免許税 150,000円

 

また、役所でなんやらかんやらの証明書(雑やな)を発行してもらうときにかかる、チリツモなお金も1万円くらい要ります。

さらに、専門家にサポートをお願いするときには、だいたい5万円くらいの別途費用がかかるとして…。

最低20万円ちょっと、そしてサポート込みにするなら30万円くらいはみておいたほうがいいって感じですね!

 

さらに、会社を設立するときに「資本金」が必要になります。

形式的っちゃあ形式的ですが、資本金として決めた金額を「会社で使う口座に振り込んだ」という履歴をつくる必要があるので、そのぶんのお金も用意しましょー。

 

ぽかべ
でも逆に、30万円もってる納税者なら、手続きさえすれば誰でも会社がつくれるのだ。
ぽかべ
社長になる「だけ」なら、そんなもんなのだ。

 

…と、簡単簡単★みたいな雰囲気を出してるワイですが…

 

 

ぽかべ
やべえ…このままじゃ手数料がはらえないww

 

\窮地に追い込まれていました★/

 

 

ときどき「稼いだお金、何に使ってんの?!」と言われるのですが、勉強代とホテル滞在(あとお酒)にバーーーッと使って、マジで貯金しなかったんですよね…。

使わないお金がでたら、投資用の口座に速攻で入れて意地でも引き出さないので、手元にないのと同じ(笑)

でも、投資ってほんとは余裕資金でするものなので、追い込まれたら本末転倒…ッ!w

しかも、まとまった現金がないと何かを創りにくいし、目の前のチャンスを逃してしまうんだなぁということが最近ようやく分かってきて、少しずつ「お金を手元に残す」「使い方を見直す」ってことを頑張っていますw

 

 

…と、そんな考えはツユほどもなかった4月の私ッッ!!!!!

 

ぽかべ
いやーーーーマジで今すぐに現金が必要だけど、どうしよう?!

 

崖っぷちのワイが取った行動。それは…

はっじーめてーの♪ アコーム!!!♪

 

ぷる美
アカーーーーーーーンwwwwwwww(←天の声)

 

 

ぽかべ
いやー、なんだかんだ消費者金融って最初の1ヶ月は無利子らしいし、来月収入が入ってきたら返せるなー。

アコム、行くしかない。行くしかない、アコム。

 

しかも、当時の私には「人生3大コンプレックス」があったのだ。

・骨折ったことないコンプレックス
・死にかけたことがないコンプレックス

そして…

・借金したことないコンプレックス

です。

 

リアルに経験したことのある人だったら「そんなん経験しなくていいわ!アホか!w」って感じでしょうが、

人のコンプレックスっていうのはその人にしか分からないんですわ(それっぽいこと言っとく)

しかし、初・借金して経験値を増やそう!くらいに思ってた当時の私をぶん殴りたい。

 

で、実際にアコムのカードをつくり、ATMに足を運んだとき、わたしは驚愕した。

ほんとにATMから、自分が作ったわけではないお金が召喚されてくるではないかぁぁぁ!!!

 

はじめてのアコム はじめてのアコム2

 

すごすぎる、アコム。

そう、私の会社の資本金は10万円。それはアコムによって支えられた10万円でもあったのだ…

 

…ということを大先輩の経営者さんにアハハハハ!!!と話していたら、
速攻でマジなトーンで電話がかかってきて、面食らいました。

 

「消費者金融つかった、という履歴って残るんだよ?」
「いざ融資を受けようと思ったときの信用力が下がるんだよ?」
「そこわかってる??」

 

(´;ω;`)

 

世間のことを何も知らない、無知すぎる私に、
先輩経営者さんは何も言わずに「仕事の前払い」として30万円振り込んでくれました。

本当に頭が上がりません。

軽々しく恩を返したいなんて言えないけど、その人のためにも前に進むことだけはやめないでいよう、と思ったのでした…。

 

そう… アコムのATMから出てきたお金は、身に覚えのないお金なんかではない。

まぎれもなく、自分の信用力を削って現金化したすがただったのだーー!!!(ドドーーン!!!)

…っていい感じのまとめ方してるけど、笑えん。笑えんぜよ〜〜〜!!!

 

ただとにかく、なんとか必要な手数料は支払えたのだった・・・!

役所に奔走するなかで、気がついたら登記・完了ッ!!!!★

 

デリヘルの面接を受けて、ボッコボコになって帰ってきた話。

 

ぽかべ
現金が手元にあるって大事だよな〜〜〜
ぽかべ
どうしたら、現金がすぐ手に入るんだろう?
ぽかべ
あ、デリヘルっていう手段があるな。

 

この頃は、かなりクヨクヨしてた時期で(参考記事)なんか判断力が変な方向に…www

思い立ったらすぐ行動!!をこじらせ、速攻で東京のデリヘル面接のアポを取りました。

 

何を思ったかすごい高級なデリヘル店にアポを取ったのですが、最初に記入する履歴書の右上に「店舗使用欄」があって。

それは「ランク」と書いてある空欄で、戦慄しました。

そうだよね…商品として登録されるんだもんね…。ランク付されるんだもんね…。

 

「いわゆるイイオンナ的なシルエットが人気なので、そもそもショートカットって指名がつきにくいんですよね〜」

ぽかべ
そ…そうなんですか…

「テクニックには自信がありますか?」

ぽかべ
て…テク…!!(こんなダイレクトに聞かれるんだ…)お…お相手の希望することには応えようと頑張りますが…

「…ウチのお客さまは、女性としての美しさ、内面の魅力、そしてテクニック、すべてを高水準で求めています。ですから、このすべてを満たさないといけないんですよ。」

ぽかべ
そ…そうですよね…(´・ω・`)

すっごいみじめな気持ちで面談終了。もちろん内定するわけがありません。

 

なんで、女性としての価値をすぐに現金にできると思ったんだろう。甘く考えていた自分が心底恥ずかしくなりました。

と同時に、「自分の女性としての価値を、直接お金にしようとするのはやめよう…」と、仕事の選択肢をひとつ消しました。

需要もないし、こんなことですぐ凹んでしまうようでは、とても仕事になんかできません。

でも、水商売も、性産業も、手を伸ばせば誰にとってもすぐ身近にあるものなんだなぁと実感しました。

(いろいろ思うことはあれど、そこへの私の意見はいったんおいときます。)

 

ちなみに私は、女教師コンセプトのお店にレコメンドされました。おい。

 

印鑑登録

ってことで、なんやかんやありつつも手続きは進んで…

会社を設立したことを役場に報告して、保険や年金などの手続きをする「設立の届出」を行うことになりました。

法務局に行って、証明書類の取得をしてから、
税務署、総合県税事務所、年金事務所、そして市役所で手続きします。

また、会社の法人口座をつくったら、晴れて設立手続きは完了ですっっ!!!!

 

さあ〜〜〜、色々あったけどラストスパートッ!!! 行くぞ〜〜〜!!!!

 

 キングダム、全★巻★読★破。

キングダム 漫画

 

ぽかべ
ハァ〜〜〜〜大騎将軍、マジかっこいいわ〜〜〜
彼氏
ところで今日は何したの?
ぽかべ
何って、「人生」だよ。人生やってんの!!
彼氏
最近、マンガしか読んでないよね。
ぽかべ
・・・・・・。
ぽかべ
まあそうだね(素直)

 

そう言われれば、なんだかすごく大切なことを忘れているような気がする。

なんだ?思い出せ。思い出すんだ。

・・・あ・・・そうだ・・・

設立の届出・・・・やってないまま登記日から3ヶ月くらい経っとるやんけ・・・・・

 

大切なことを思い出した私は、「やるぞ」と決意。

役所に片っ端から電話をかけまくりました…。

すると、直接現地に赴かなくても、郵送で手続きできることが判明!

 

ぽかべ
だったらもっと早く送れたやんけ…おお…もう…

 

その時点で、もう8月中旬になっていました。急いで書類作成し、郵送します。

ある日、年金事務所から手紙が届いていたので、「お!手続きできたのかな〜」と開けてみると…

 

取り下げ書1
取り下げ書2

令和3年8月24日付で提出しました「青色申告の証人申請書」を取り下げます。

 

要するに、一言でいうと

ダメです。

ということでした。

 

こんな書類受け取ったの、はじめてダッタヨ。

 

だいたい登記日からなるはや〜3ヶ月以内に書類を出さないといけない決まりなので、遅すぎたんです。

時すでにおすし!!!!!!!!(黙ろう)

 

ちなみに、赤字になったぶんを翌年の黒字と相殺できるのが法人の「青色申告」のメリットです。

(つまり、前年の赤字によって、今年度出た利益金額を減らせるので、支払う税金が減額されたりします)

 

早起きは3文の得だといいますが、早く手続きしないとソンするぞ!!!って言い換えても、十分通用することわざですね。

結局うちが青色申告できるのは、第三期からになってしまいました。オ〜〜マイガット。オーマイガット。

 

住信SBIネット銀行 キャッシュカード

住信SBIネット銀行で法人口座も作成したのですが、

会社住所を郵便局に登録申請するのをわすれていて、なんと4回も本社に返戻されてしまう珍事件も…(クソ迷惑)

 

アプリ破損

挙げ句の果てには、住信SBIネット銀行のスマホアプリがバグッて、
なんかこう工事中みたいなグラフィックになって再ダウンロードとかしました。

呪われとるんか?

 

設立手続きしながら「第一期決算」をする。

税務署

7月31日の誕生日を「会社の決算日」に設定したので、誕生日ごとに会社も年をとっていきます。

で、会社の「決算」(個人事業主でいう確定申告)は、締め切りが決算日から2ヶ月以内です。

つまり私の場合は、9月30日までに完了させなければなりません。

 

設立手続きで9月までゴタゴタwww としていたので、同時進行でさいしょの決算もしました。

こちらも県税事務所と市役所には郵送で手続きでき、「消印が9/30に間に合えば大丈夫」との電話確認がとれたので、

郵便局に書類をもっていき「消印はきょうの日付でつきますよね?!」とか必死にたずねたりしていました。

なんかもう、うん。時間に余裕持とうね。

 

先日やっと、社会保険証が自宅にとどきました。

「ああ、手続きがちゃんと完了したんだなあ。」と実感しています。

 

【まとめ】会社設立は、だれでもできる。

 

もうみなさんお気づきだと思いますが、私は本っ当〜〜〜に意思の弱いヤツです。(笑)

こんな私でもできた手続き。やろうと思えばできます、と自信をもって言えます。

 

ただ私の場合は、先輩の法人設立サポートが完璧すぎて、やろう!と思ったときに速攻で行動できたから、なんとかなりました。
(必要な書類も道筋もぜんぶ事前に速攻で共有してくださっていたので…!)

次のセミナーがいつになるか分かりませんが、気になっている方はぜひフォローしてみてくださいね!

 

 

あと… これはすごく伝えたいのですが、

「代表取締役」として会社名の看板を背負うことで、精神的にあきらかな変化をかんじています。

街を歩いているだけでも、店舗やサービスに対して「これ、どうつくってるのかなぁ。いくらくらいかかってるんだろう。すごいなぁ〜〜〜」といちいち感動できるようになりました。

「サービスで世の中にしっかり価値をうみだしている」
「社会に雇用をうみだしている」

このすごさやありがたみが、自分のことのように胸に押し寄せてくるんです。
だから、ただ街歩きをしているだけでも楽しみが尽きなくなりました。

私は勢いで個人から法人の形式だけを変えたようなものですが、「経営」をしている人への尊敬がぐっと増しました。

(会社なんてなくても考える人はいると思いますが、私は自分をその立場に置くことでよりリアルに感じるようになりました!!)

 

私がフリーランスになったのも完全に勢いでしたが、ポーーーンと大海原に投げ出されてから「そもそも仕事とは?お金とは?人生とは?」を真剣に考えるようになったのと似ていて、

まず自分をあこがれる環境に置いてしまい、そこから追いつかせるという感覚があってワクワクしています。

 

経営者 本

会社作ったあとに「そもそも」みたいな本をよく読むようになった…。

 

と同時に、基本的なことを大事にしよう…

と、足元を見るようになったのも成長ポイントでした(笑)

 

  • 価値を提供すること、お金を得ることに、結局近道などない
  • 手続きは早めに済ませる、時間は守る
  • お金の流れを放置せず、支出入をコントロールする
  • 不健康だと判断をミスるので、まずは健康を大事に!!!!!!

 

あたりめーだろwとつっこまれそうですが、今までの私はできていなかったので…

とくに、精神的な不安も手伝って、消費者金融やデリヘル面接に行ったことはかなり反省していて(笑)
反省をバネに食事や運動習慣をかなり見直したので、たぶん30年間の人生でいまがいちばん健康です。マジで。

4月には友人にモーニングコールをしてもらっていたのですが、いまでは私が別の友人に毎朝モーニングコールをするようになったりしています(信じられないw)

 

…と、なんかもういろいろとあったこの数ヶ月ですが、形式はなんであれ自分自身と実力を磨いていくしかない。

ってことに回帰できた経験でした。

また進捗を報告できたらと思います。ちゃんちゃん。

 

 

公証役場 1

 

「上場してね!」って言ってくれた公証役場の先生、元気かな…

 

 

 

 

女性が運営・バレない梱包のラブグッズ通販サイトがおすすめ!

\気軽に探せる「ラブトリップ」さん/

 

\最高品質で極上体験を「ミライカラーズ」/

ミライカラーズ

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼