イケハヤYouTubeセミナーの要点まとめ!なぜ今「動画」なのか?

 

ラブグッズ愛好家ブロガーのぽかべです。

 

2019年5月20日(月)「事例で学ぶ!企業YouTubeアカウントの活用法〜オウンドメディアの新しい形〜」が東京・品川にて開催されました。

主催は、メンタリストでブロガー・インフルエンサーのしゅうへいさん(@shupeiman)です。

 

 

企業さん向けの説明会でしたが、講師のインフルエンサー・イケダハヤトさんから、これから動画コンテンツを作っていきたい人にとってとても有益な情報がシェアされました。

今回は、同セミナーの要点をまとめていきたいと思います!

ぽかべ
個人は基本的に参加できなかったので、なかなか貴重な情報かも!

 

そもそもイケダハヤトさんってどんな人?

【1分でわかる講師イケダハヤト】
・YouTubeチャンネル登録者数4万人、Twitterフォロワー20万人のビジネス系インフルエンサー
・29,800円の「YouTube攻略の教科書」が400部以上の大ヒット
・ビジネス系YouTuber開始6ヶ月でチャンネル登録者4万人
・YouTubeチャンネル「イケハヤ大学
Twitter

 

YouTubeアカウント開始たった6ヶ月で、チャンネル登録者が4万人に!

イケハヤさんは、チャンネル開設したときから、動画を1〜3本以上毎日投稿し続けていました。国内・海外企業のYouTubeチャンネルもだいたい研究済みだそう。

→YouTubeチャンネル「イケハヤ大学」はこちら

 

なぜ今、「動画」なのか


物議をかもした↑の「イケハヤ大学」の動画でも説明がありましたが、まとめると、文字から動画コンテンツに移行していく世の中の流れにのるべきということです。

・総務省資料によるとSNS利用率でYouTubeがトップ(LINEを超えている)
・5Gへの変化
・ユーザー態度の変化(文字→動画へ)

 

まだまだSEO的にキーワードが埋まっていない動画コンテンツ。今やっておけば無双状態になれるかも….。

 

YouTubeチャンネル運用は、海外企業の方が進んでいる

 

個人的には、アクションカメラ・GoPro(ゴープロ)のチャンネルが印象的でした!めちゃくちゃいい使い方しているなぁと….。(GoProとは、アクロバティックな映像も360度撮影可能なカメラです。)

 

実際にカメラを使用した圧倒的に美しい動画をアップしているので、「見れば見るほど欲しくなる」ようなマーケティングに繋がっています。なんと宇宙で撮った映像も….!

国内企業のYouTubeチャンネルの状況

メーカーさんはまだ運用に慣れていない印象….?

 

ゲーム系のコンテンツは、YouTubeユーザーと相性がよいので好調な印象。

また、おもちゃ系のコンテンツは子どもさんの需要が大きく、こちらも伸びているとか。

しかし、その他のメーカーさんでは依然、「本気で運用している」アカウントがまだまだ少ない状況。

 

国内企業の成功事例!

 

動画のクオリティ・編集レベルが仮に “チープ” だとしても、需要にこたえる動画を量産して、着々と成果を出しているアカウントの紹介も。

今後は、アイキャッチ画像をしっかり作成したり、企画性を出したりすることでもっと伸びるかも?との推測がありました。

 

YouTubeアルゴリズムは「おすすめ」「関連動画」を狙うべき

 

ほかのSNSから、YouTubeアカウントに誘導するのは非効率というデータが!

YouTubeは、YouTubeというプラットフォームの中で「人気」が完結する傾向があるプラットフォーム。

「こちらの動画もおすすめ」「関連動画」から飛んでくる割合は、イケハヤさんでほぼ6割。かなり多いんですね〜!

 

 

テクニックとして、ほかの人気YouTuberがアップしているテーマと似た動画を作ってみることも有効。関連動画として、ほかのアカウントからの流入が見込みやすくなるからです。

「メントスコーラ」動画をつくるYouTubeは初心者扱いされることも多いですが、けっこう理にかなっているテーマなのかも….!?

 

企業がYouTubeを始めるためのアドバイス!

 

SNSなどほかのメディアでも同様ですが、「なんのためにYouTubeをやるのか」目的をハッキリさせておくことが大事。

ただ、どんなテーマがハマるのか、またアルゴリズムがどうなるのかは3ヶ月くらい試してみないとなかなか分からないのも事実。「実験して検証する」ことを仮定して始めてみるのがよいですね!

 

【質問】1日最低どのくらい更新すればいいの?

・インプレッションと再生回数は比例する
→最低1日1本!
・もっと本数増やせないか、リソースさけないか
→細切れに更新できないか考える

 

アカウントや動画が表示される回数と、動画の再生回数は比例しています。

成果を出したいときには、最低でも1日1本更新するのが目安だと断言っ….!

逆に、1日1本更新するためにはどうすればいいか?もっと労力を減らして動画作成できないか?と考えるべきだとか。

 

 【質問】広告って打った方がいいの….?

・イケハヤさんも最初はGoogle広告を打っていた
→最初の3000人までは全然あり
→再生数も上がるのでレコメンドに乗りやすくなる

アカウントを軌道に乗せる期間に広告をうつと、関連動画にあがりやすくなるので手段として有効!

ただし、1人あたりクリック単価とのコスパを見極めて判断しましょう。

 

【質問】離脱率を下げるためにしたほうがいいことは?

・離脱率を下げるには?
→さいしょに結論をいうのが大事
→どどん!どどん!でテロップなどを出していくのがいいかも

 

イケハヤさんも動画の構成はつねに工夫しているそうですが、「最初に結論を示す」のが大切とのこと。

ブログも同じですが、「で、何が言いたいの?」と思われてしまうと、途中で動画をみるのをやめてしまう人が多いんですね〜。

離脱率は、アカウントのアルゴリズムの低下に繋がってしまうので、確実に考慮すべきところだと言えます。

 

YouTubeって、なかなかとっつきにくいな〜と感じている人・企業さんもまだ多いかもしれません。

でも、「検証する」スタイルでこつこつ投稿していけば、まだ始めていないライバルとの差がグンと広がると思います。

ぽかべ
わたしも最近投稿してなかったけど、がんばろう〜!w

 

YouTube運営について、具体的なアドバイスが書かれている関連記事はこちら!

関連記事>>しゅんダイアリーのしゅん君「YouTube講座@金沢」参加レポ!

 

ぽかべのチャンネルはこちら!(18禁が多くてすみませぬ)

関連記事>>Youtube「ぽかべちゃんねる」本格始動!常に垢バンの危機だよ

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼