【病み記事:後編】人を傷つけたいと思うのは、自分が傷ついているからじゃないのか

ハート 空 雲

昨晩、「生の心臓に薄いナイフを突き立てられた気分です」という記事を書きました。

個人的にショックなことがあり、どうしても頭がぐちゃぐちゃになって眠れなかったので、浮かんでくる言葉をガーーーッと5分くらいで一気に書き起こしました。(おかげで安眠)

お恥ずかしい限りですが、でもみるみるうちに頭が整理されていったので、びっくりしました。吐き出させていただいてありがとうございます。

 

ところで、私が心を保つために、休職中に毎日習慣にしていることがあります。

それは、家の中の環境づくりと家事のルーティンです。

 

まず部屋の窓という窓をすべて全開にして家の風通しをよくし、

次に、玄関のたたきと靴の裏をぞうきんで水拭き。

そして洗濯機を回し、枕カバーとベッドシーツを洗う。

余裕があったら、フローリングを乾拭きし、掃除機をかけ、ウェットシートで水拭きします。

最後に、玄関にお香を炊いて、部屋では好きなアロマを炊いてブログを書いたりします。

これがだいたい、2時間くらい。

 

ルーティンの力は偉大です。

最近、ルーティンにはホットヨガと同じような効果があると気づきました。

ホットヨガをすると、ぐちゃぐちゃに文字や図が書かれたホワイトボードがまっさらになるようなイメージ。

心の中が落ち着き、頭の中の雑音がシーンと消えているのを感じます。

私の家事のルーティンもそう。

頭がまっさらになり、ふとアイデアが浮かんできたりするのです。

 

今日もそのルーティンをしていたら、途中でふっと頭に浮かんでくることがありました。

昨晩の病みに病んだブログを読んで心配して連絡をくれた方がいたんですが、その中でも、この言葉が印象に残りました。

「どこかに進もうとすると、足をひっぱられることがある」

 

私自身、実体験をブログに掲載することで会社に迷惑をかける可能性に配慮できていなかったので、批判されてももちろん何も言えません。

「私が盲目的になっていて聞く耳をもたないだろう」と判断して、自分から話し合いをせずに会社に通報して、適切な処置をしてもらうようにするのも。

まあ、普通そうするだろうなって思います。自分が信じて発展しようとさせている組織を攻撃(そうとられても仕方ない)している個人がいたら、どうにかせな!と思いますよね。

 

しかし、「悪意をもって足を引っ張られたんじゃないか」という可能性に思いを馳せると、ちょっと凹んでしまっていました。

 

でも掃除をしてて、ふっと気づきました。

そういう自分だって、足を引っ張ったり、人を裏切ったことだってあったじゃないか、と。

 

そういうことをする時ってだいたい、自分が苦しいときなんですよね。

自分が苦しいから、人の悪口を言って安心する。

自分が苦しいから、人の足を引っ張って「置いてかないで」と思う。

自分が苦しいから、ちゃんと向かい合えないから、あちこちに愛してくれる人や依存先を探してしまう。

 

・・なんだ、全部自己防衛じゃないか、と。

そのことに気づいたら、ふっと力が抜けました。

理由なんかなんだっていいや、次からもっと発信内容に気をつけよう、と反省しました。

 

人は変化するものだから、常に「変わりたい」と思う。

でも本当に変わることができるのは、自分の中で腑に落ちた時だけ。

でも腑に落ちる経験は、だいたい苦しい。

「変わりなよ」っていう刺激が自分の中に入ってくると、苦しくてその刺激を外に出そうと思う。

その時に、人を傷つけてしまうかもしれない。

でも傷つけた分だけ、反動で自分も傷つけてしまう。

そして、どんどん傷が深まった先で痛みに耐えきれなくなって、「やっぱり変わろう」ってやっと腑に落ちる。

そこから、行動し始める。

すこしだけ、環境が前向きに変化する。

こういう循環を繰り返しているのかもしれないな、と思います。

 

だから、人のこと傷つけるのはその人にとっても、きっと必要なステップなんだ。

だから、傷つけられるということは、言い換えれば人の役に立っているということなのかもしれない。

 

炎上させる人とか、いわゆるアンチと呼ばれる人だってそう。

よく燃える人って、「変わっちゃえよ!!」という光を放ちまくってるから、変わりたいけど変われない人にとっては、まぶしくて仕方ない…と感じられることも。

(もちろん、単純に配慮に欠けた発言をしていることもままありますが…)

 

静かにグラサンかける人ばっかじゃなくて、光源をぶっ壊そうと石を投げる人だっているわけで。

でも、石を投げたら投げた分だけ、腕疲れるし、ヘトヘトになって、「自分もそろそろ変わらなきゃかもな」って気持ちが切り替わっていくこともある。

 

だから、投げられた石に打たれながらも、それでも前に進む人たちは偉大だと思う。

キリストさんなんか、石どころかハリツケになってぶっ殺されている。

ソクラテスさんも、無知の知!を唱えて「君、無知自覚しようね」と言って回ったら、ブッコロされてしまった。

ジャンヌダルクも、戦って戦った先に、脅威と思われて燃やされて死んだ。

でもその分、時を超えて、生き様そのものでいろんな人を救っている。

 

現代では、これが生身さらしてる芸能人だったら大変だよ。

私なんか、こうして誰もいない部屋でブログ書いてるだけで、自分の身を大きなリスクに晒しまくってるわけでもない。(無知なだけかもしれないけど)

それで、もし誰かにとってのサンドバックになれるなら、本望じゃないか。

むしろ、役に立てる幅が広がるんだなとすら思う。

 

自分の中で、この思いを消化できてよかった。

発信活動を続けるなかで、もし何か言われることがあっても、気持ちを切り替えていきたいなあと思いました。

ということで通常営業に戻ります。

 

おちんちんびろーん!!wwwwびろーん!!!!wwwwwww

 

以上です。これからもどうぞよろしくお願いします。

女性が運営・バレない梱包のラブグッズ通販サイトがおすすめ!

\気軽に探せる「ラブトリップ」さん/

 

\最高品質で極上体験を「ミライカラーズ」/

ミライカラーズ

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼