2018年末からずっと考えてきたことがやっと言葉になったので書く

ぽかべの今後の数年について

 

ブブブブブブブ!ぽかべです。

 

2018年末からずっとクヨクヨクヨクヨしてました。仕事そのものは順調と言っていいのにも関わらず、です。

ブログは着々とpv数も育っていて、大好きな商品を紹介できて、Twitterフォロワー数増にともなってだんだんと個人の認知度も上がってきて…あとはもうその道を爆進していけばいいんじゃないの!?と言われていました。

 

でも「自分ってこのままでいいんだっけ?」というモヤモヤ状態がずっと続いていました。

今回の記事では、そんなモヤモヤを言葉でひもといていきたいと思います。

 


「楽しい」と「有名になりたい」を軸に突き進んだ結果、迷子になった

 

 

そもそも、2018年2月末にブログを開設したのは、抑うつ状態のなか、頭の整理をしたかったから。

最初はべつに大した理由なんてなかった。

執筆を続けていくうちにどんどん楽しくなってきて、これを仕事にしたいとまで思うようになりました。

 

会社を辞めることを決め、もっと有名になりたいな〜と思っていた矢先に、Twitterでブロガーのしゅうへいさんや同じくブロガーのイケハヤさんなど、ブロガーズギルドを通してたくさんの発信活動仲間に出会い、「インフルエンサーに乗っかる」効果でネット上の影響力を上げていきました。

その過程で、セクシャル系の話題にほぼ抵抗がないのを面白がっていただけて、発信の方向性がだんだん性の話題に傾倒。メーカーさんにサンプルをいただくことも増え、「ラブグッズのブロガー」のブランディングがいっそう強くなっていきました。

 

「楽しそう!」「もっと有名になれる!」という気持ちを軸に動いてきました。目の前の好きな人たちと一緒に、目の前にあるチャンスをどんどんつかむことで少しでも名前を上げたい。そのために時間もお金も労力も、全てぶっこんできました。

その結果、ブログは10万pvを突破し、Twitterのフォロワー数も7,000を突破。他、ホリエモン祭に登壇するなど、さまざまな実績をつむことができました。

 

でも12月末くらいから、なんとなくモヤッとする感じがありました。それはちょうど、ブロガーの仲間たちが有料noteでわーっと稼ぎ始めたり、YouTubeへの動画投稿をする人が増えてきたりする頃だったと思います。

Twitterで知り合ったとある社長さんから、「ブログやYouTubeもいいけど、会社員とか他のやり方でのフリーランスも向いてると思うよ」とポコンと言われたのも、今考えるとずっと胸に響いていたんだと思います。

自分の仕事のしかたにモヤっとしていた気持ちが、他人が鏡になって、客観的に浮かび上がってきました。

 

私はこのまま目の前の楽しさを少しずつ拾っていくのかなぁ。今できることをコツコツ重ねて、それをコンテンツにして売る、それがやりたいことなのかなぁ。

そんな疑問のタネが心に植えつけられて、どんどん育っていき、かと言って答えは出ないまま、精神的にも財政的にも苦しくなっていきました。

お金がない事実が、時間的な猶予がないという現実を突きつけられている気がしてしまい、余裕を持った判断を阻害していたと思います。

入ってくる情報を制限しようと環境を変えたり、手っ取り早く稼げる方法があるのかも?と誰かに依存しようとしたり、お金を借りようとしたり…

今考えると、その時点で稼ぐ方法なんていっぱいあったと思いますが、このままでいいのか?という気持ちにエネルギーを取られて、あとはもう、やらない言い訳ばかりが出てきました。

 

身近な友人、仲間、親に悩みを打ち明けてみたりもしたんですが、ちゃんと受け取ることができずじまい。自分の心の声も見失ってしまい、どこをみたらいいか分からない状態に陥り、指針が立てられませんでした。

ストレスを抱え込んだ結果、1月はまるで抑うつが再発したかのような健康状態に。不眠症状や不安感に苦しめられました。野外なのに涙が出てその場にうずくまり、動けなくなったことも。

それでも、ありがたいことにお仕事はいただけていたので、今の自分にやれることをただやっていきました。

 

 

「真のリセット」体験をして、初めて本当はどうなりたいか?を考えられた

 

そしてこの2019年2月は、自分にとって転機になるような出会い・オファーが多くありました。

 

ブロガーとしては「田舎フリーランス養成講座@能登」のブログ・SNS講師に推薦いただいた。

ラブグッズ愛好家・SNS運営者としてはラブグッズメーカーさんの説明会で登壇させていただけた。

さらにセクシャル界隈でずっと憧れの人だった方々と実際に会って繋がれた。

 

もう、こんな経験をさせてもらえるなんてただただ恐縮で、光栄でしかありません。

でも、こんな話が入ってくると同時に、マジで文字通りお金がなくなりました。うん、すっからかんですw。

 

その時にこんな実感を得ました。今のままの自分が行き着けるところまでは行ったし、それと同時に執着するものもなくなったなー、と。

自分に全く自信がなくて、こんな自分でも誰かの役に立てるのかな?という気持ちが満たされた。そして、貯金の中でどうにかしようみたいな心理的な制約も(いい意味で捉えれば)消えたんです。マイナスの部分が消え、プラスの部分も消えた。

これで、ガチの人生ゼロベース状態に立ったな〜と思いました。

 

 

お金がなくなるって、だいたいマイナスの意味に取られると思いますが、私はポジティブに捉えています。

お金があるのは当たり前じゃないし、なんとなく稼いだお金はなんとなく出て行くものなんだな〜と身体で分かった貴重な体験でもあったからです。きっとこのまま中途半端に稼ぎ続けていたら、ずっと中途半端な人間のままだったと思います。

あとは、生意気で不遜な性格の私が、「きちんと実業で稼いで食わしてくれた親ってすんごいな」とやっと腑に落ちたのも大きな変化でした。27歳にしてやっとお金のありがたみや、親のすごさが分かるなんて、書いててとても恥ずかしい気持ちになりますが…

わたしは凡人で、何事も経験してみないと理解できない性格なので、こんな状況に立つことも必要だったなと実感しています。

 

…と、ここまではイイ話にしよう感がありますが、次の段落からちょっとぽかべの中身が飛び出してくるのでご注意ください。笑

 


「ワイ、ちんこが好きやな。」自分の価値観は唐突に自覚する。

 

これだけは声を大にして言いたいのだけど、人生を前に進められる人は、つねに前に進めるためのアンテナを張っている人だと思う。

どこかで神様がみてくれてて、「真剣だからたまにはチャンスをあげよう」って時々きまぐれに機会を投げ込んでくれているイメージ。その不定期なチャンスを逃しちゃいけないと思う。

 

わたしは物心ついたときから毎日、じぶんの将来を真剣にまいにち考えていた自信があって、会社を辞めてからその傾向はますます強くなってました。これは多分もともと内省的で未来志向な性格があるので、ほぼ趣味のようなものです。夢想家なんですね…。

でもつい最近、それが報われたかのような機会がありました。

 

 

 

わたしはプロ無職るってぃさんの発信が好きでよくみていて、Twitterで「一流と二流を分けるのは仕事への愛」という記事をシェアしてくださっていました。

そこでふと考えました。私いまの仕事に愛ってあるのかなぁ。と…

楽しくて、大好きで、お金を払ってでも続けたいと感じていたので、愛があることには間違い無いのだけど、でも、その愛を注ぐ対象を一単語であらわせなかった。

 

その一単語ってなんだ?私ってなにが原動力なんだ?うーーーーん。

そう考え続けた結果、ピンときたんです。

 

あ、ちんこや。

と。

 

何言ってんだこいつ、と思われるかもしれないんですが、ほんとこの通りなんです。

私は保育園の頃から、誰に言われずともキスしようと追いかけ回しているくらい男の子という生き物が大好きなんですよね。

まっすぐで、純粋で、ごちゃごちゃ考えるより行動で示す、かっちょいい身体を持ってて、力がつよい。そして、その象徴たる、エロいことを考えるとぴこーんとサインが出るゆるキャラ・ちんこ。なんて愛おしいんだ。

先日、メンズダンスストリップのPuditに行って男体を見てきたんですが、エロい気持ちになるというよりはやっぱり「男性って素敵だな〜〜〜〜」という感覚で頭がいっぱいになりました。

私にとって、その好き!という気持ちが一点集中してるのがいまのかれぴの存在なので、ぶっちゃけかれぴと一緒に幸せになれるのならなんだっていいんですよね。

でも私の性格的なことで、誰かの役に立ちたい!!という気持ちがどうしても強いから、2人で幸せになるだけでは満足できないんだと思う。ここは、じぶんって欲が強いな〜と思うところです…笑

 

私に似た立場で、パートナーとラブラブになりたいけど何かにつまずいてる人の力になれたらもっと幸せになるし、私も勉強になるから、やりたい。

「ラブラブになる」ってすごく奥が深くて、人によって課題は違う。でも、健康・性・コミュ二ケーションの部分で共通していることは多いと思う。そこをライフスタイルとして極めて、仕事にしたいなと自覚したんです。

 

 

ここまで価値観を言葉にできたのは初めてで、きっかけをくれたるってぃさんの発信にはマジ感謝しかないです。Twitter通知オンにしといてよかったぁ〜。笑

というか、このTwitterの通知をオンにするという過程も、自分なりにもがいて積み重ねた上にあって。自己分析したくてしゅうへいさんのブロギルラジオを毎日聞いてて、その中で「通知オンにするといいよ〜」って言ってたのがきっかけで設定してた。行動って未来でぜんぶ繋がるんだな〜と思います。


じゃあ、これからどんな活動をしていくのか?

 

ブログで発信していくのはもちろん、お話しする相手に安心感を持っていただくために、もっともっとスキルアップしないといけないと思っています。

食・身体・セクシャル・恋愛のプロになって、第一線の実践者かつ最高のアドバイスができるようになりたい。

勉強したことや仕事はすべて私とかれぴの生活にプラスになるから、結局は自分の幸せになって返ってくるのです。そう考えるとワクワクが止まりません。

 

私、ブログを始めてセクシャル系の発信をし始めてからマジでかれぴと仲良くなりましたしね。多分ブログ始めてなかったら結婚しても破局してました(これは彼氏も認めるところ)。

これ以上ラブラブになれるかもと思うと死ぬほど楽しみです。

 

とにかく、5月26日からセクシャルライフのアドバイスに特化した「ラブライフアドバイザー入門講座」の受講を決めました。(もう代表のオリビア先生に連絡してしまったので決定事項…!)

身体のことも勉強したいので、ジムのトレーナーの面接も受けに行きます。ただ、不合格かもしれないので別の形になるかもですが…笑

現住地の石川県で、私が本当に作ってみたいコミュニティを作っていきたいです。

 

…と、そんなことを考えていた矢先に、石川県の婚活パーティシェア40%をもつParty☆Party代表の宇波さん(@unami_yutori)から、3月以降、金沢駅目の前のコワーキングスペースの管理を任せていただけることとなり…。

収益化を条件に、作業スペース、イベントスペースなどに使用できるので、これはもう石川県でいったんやるだけやってみなはれということなのかと…!!!

 

まずは、ブロガーやフリーランスに使ってもらえてワイなどからアドバイス受け放題の場所や、男体が好きという女子が解放されるような企画を打ち出していきたいです。笑

ゆくゆくは、宇波さんの事業とコラボできるような、助産師さんや産婦人科の方もお呼びして定期的に妊活・セクシャル系の啓発セミナーをしたり、石川県にあまりなかったような機会をつくれたらいいな〜。

アイデアだけはどんどん溢れて行くので笑、ひとつひとつ形にしていけるよう、時間を味方につけてこれからも頑張ります。

 

頭の中をぜんぶ書き出してスッキリしました笑。こう思うと、私は仕事が好きなんだなと思います。

運動神経悪くてもカラダを動かすのが好きな人がたくさんいるのと同じで、いくらポンコツでも仕事じたいは大好きって人は多いからね!!!笑

自他共に認めるポンコツですが、これからも応援よろしくお願いします。

 

金沢でイベントしたい人!カモンです!

 

【追記】まさかの、るってぃさん本人がシェアしてくれてうれちんこ。

 

関連記事:自由な生活を実現したはずなのに、就活生よりも視野が狭くなっていた

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼