古本買取サービスで家から一歩も出ずに6,000円稼いだ内訳公開!

メルカリ、テキストポン、いーあきんど買取

 

家にあるもう読まない本が、ラクしてお金になればいいのに….

そう思いませんか?

でも、忙しすぎてリサイクルショップに持ち込む時間がない!!

そう….思いませんか!?

 

ぽかべ
じゃあ、リサイクル業者のほうが取りに来てよ〜。(しろめ)

 

ということで、人生初の「買取サービス」!使ってみました〜〜!!

いくら稼げたかシェアします。

 

 

使ったのは、3つの買取サービス!

専門書・教科書専門の「テキストポン」

 

テキストポンは、専門書・教科書類の買い取りが専門。

・着払いで集荷依頼していい(家から一歩も出なくていいw)

・カキコミしてある本でも買い取れる!!

ここに着目して、お願いしました。

 

ぶっちゃけ、同じ専門書買取の「専門書アカデミー」とどちらにするか迷いました。

いろいろな口コミをみた結果、専門書アカデミーのほうが買取価格は高そうだったので….。

 

しかし、テキストポンが「書き込みあってもOK!」とサイトに明示してた訴求が強く、

最終的にはこちらに決定。めでたく、全ての本に値段がつきました!

 

なんと、ガリガリに書きこんだ中国語の問題集も売れましたからねww

もう使わない、語学系のテキストを持ってるかたにもオススメですよ〜!!

 

わりとなんでも売れる「いーあきんど」

 

【eあきんど】は書籍全般を取り扱ってます。査定価格はまあまあですかね….。

ただ、テキストポンはダンボールや梱包を自前で準備しないといけなかったけど、

いーあきんどは、希望者に「買取専用キット」という資材を無料で届けてくれるのがありがたかったです!

 

手間はかかるが高値で売れる!「メルカリ」

 

メルカリは、売れるかどうかの確証はとれないかわりに、

自分で好きに値段がつけられるという点が魅力です。

結果的に高値で売れることが多く、ぽかべも仕入れ値よりも高く売りました。

友人のしゅんくんは3品で10万円稼いでましたね〜!

 

メルカリは、売れるまでが早いのも魅力!ビジネス書だと特に売れやすいですね。

騙されたと思って、出品してみて欲しい….。

 

アプリからワンクリックで集荷依頼することもでき、家から出なくても発送は可能!(プラスで手数料はかかります)

あとはコンビニ・郵便局までモノを持って行って発送します。

 

ただ、ぽかべは複数の書籍をイッキに発送した結果、発送先を混同して送ったことがあり後処理が大変でした。

モノが高値で売れるけど、自分でやる手続きが増えます。

 

また、本がなかなか売れない場合に少しずつ値下げしてお客さんの関心を引き続けるなど、

ちょっと面倒な部分もあります。多少の注意力と手間は必要でしょう。

 

 

【まとめ】オススメは「いーあきんど」!

 

●家から一歩もでなくていい

●無料で買取キットをもらえる

●比較的、査定価格がよい

●送るだけなのでケアが必要ない

 

以上の点から、【eあきんど】をオススメします!

 

売れる価格としてはメルカリが圧倒的にいいんですが、

売れるまでのケアと、発送に手数料・手間がかかるストレスを考慮した結果です。

手間がかかっても価格を重視するなら、メルカリがベストですね!!

 

「A8ネット」に登録するライフハック、絶対使うべき。

 

A8.netに登録したら、無料で買取サービスを使うだけでお金がもらえます。

 

ぽかべ
これは知らない人が多すぎるライフハック….。

 

みなさんは、アフィリエイトサイトに「セルフバック」という制度があるのをご存知ですか?

アフィサイト経由で商品を購入すると、最初の1回だけ、自分に報酬が支払われるのですよ〜。

 

私も、テキストポン【eあきんど】は、セルフバックでサービスを使用しました。

結果的に、無料で買取を使用して代金をもらいつつ、さらにアフィ報酬として各1,000円くらいプラスアルファでいただけました….!!!!

買取以外にもいろいろあるので、A8.netで内容を確認してみてください〜!

 

ぽかべ
不用品ドナドナしまくって、快適なおうちライフを!

 

A8.netアカウントを無料登録する!

 

関連記事:家に眠る古いデスクトップPC、ガラケー売ったら約5,000円になった

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼