ニュー道後ミュージック!カップルでストリップ劇場行ったら●●●が見えてた



 

愛媛にある、道後温泉に旅行しました。

昨年できたばかりの飛鳥乃湯泉で汗を流し、湯上りポカポカ気分で道を歩いていたら・・

ん?

 

 

・・・こんな掲示板を見つけました。

 

 

よくよく見てみると、なんとこちら、「四国で最後のストリップ劇場」と書いてあるではありませんか!

天皇も訪れる温泉街のど真ん中にあるストリップ劇場・・・オラ、ワクワクしてきたぞ。

 

一緒に歩いていた彼氏に、めちゃくちゃ可愛くオネダリしてみました。

 

ぽかべ
こいつぁタダモノじゃねえ。今夜行くぞ。
かれぴ
うん、いいよw

 

付き合い始めた当初は、ぽかべに男友達がいるというだけでも抵抗を感じるほどピュアだったのに・・

今回、素直に許可を出してくれたので、だんだん俺色に染まってきたんだなと嬉しくなりました!

 

じつは、かれぴ君は次の日がおたんじょうび。w

これはいろんな意味で印象的なバースデーになること間違いなし!!

 

 

いざ!ニュー道後ミュージックに突撃!!

 

景観はこんな感じです。シンプルすぎるw

 

ニュー道後ミュージックは、1日4回講演!

掲示板でショーの開始時間を確認し、一番遅い時間のショーに行くことに決定しました٩( ‘ω’ )و

 

で、開始時間のちょっと前に建物の前まで行ってみると、すでに何人かお客さんが待っている状態でした。

開始まであと15分ほどありましたが、スタッフの方が「入っててもいいよ〜」と声をかけてくれたので、中に入ることに。

 

スタッフの方、めちゃくちゃ優しいし気さくなんですけど・・。

ストリップというと、若干「夜の文化」「ちょっと怖い」イメージがあったので、意外な嬉しさでした!

 

 

劇場に入ると、中は「ダンスをする人のためのステージと、みる人のための席」があるだけの、

かなりシンプルなスペース!!

 

ステージの周りには、ぎりぎりまで近づいて見ることができる小さな椅子が並べてある・・・。

もしやこれは、もしやもしや・・・!?

スケベな目的のためにあるイス、通称スケベイスなのではないか???

 

そんなスケベさにちょっとドキドキしつつも、ちょっと離れた観客席に彼氏と着席。

(普通の観客席は、野球場のイスみたいな感じで、固定されてて大きめサイズ)

 

なんとテレビ局の人が撮影しに来ていた。ストリップ文化についての意外な事実も!

 

我々の他にも結構お客さんがいて、6組20名くらいはいたんじゃないかな?と思います!

でも、その中になにやらでっかいカメラと録音機器を持ったグループが・・・

 

ストリップって撮影しちゃいかんでしょ!!・・と思ってたら、

そのカメラマンの方のほうから、こちらに来てお話してくれました。

どうやら大手テレビ局のディレクターの方で、ストリップ劇場の「イマ」を伝えるドキュメンタリー番組を撮影しているとのこと。

 

そのディレクターが教えてくれた衝撃的な事実なのだけど、

日本の風営法上、ストリップ劇場を新しく始めることはできないんだって!(法律上ほぼ不可能に近いようです)

つまり、一度劇場が閉館されたらもう二度とサービスを再開することはできないし、

踊り子さんのお仕事が減ってしまうということなんです・・!!

 

つまり、絶滅危惧種の日本文化と言っても差し支えないんですね・・!!

がーん!!

 


🔼これは、道後ミュージックのトイレに貼ってあった全国ストリップ劇場マップ!

マップが古いようですが、他にも仙台、西川口、新宿TS、那覇など、次々に閉館しているようです・・

 

ぽかべは実は、アメリカ留学中に男女問わずストリップ劇場に遊びに行ってました。

踊り子さんも美しいし、かわいいし、すごーく楽しいんですよ!!(もはやVIPルームまで使って踊り子とイチャイチャしましたww)

こんなに楽しい文化が日本からなくなっちゃうなんて悲しすぎるよ・・( i _ i )!!

 

でも、ディレクターさんはこうも言ってました。

浅草ロック座など、一部の劇場はサービスをドンドン工夫することで、若い層も取り込んでるんだよ、と!

ステージが大きくてダンスの質も高いし、プロジェクションマッピングを使用したり。

若い女性の中には、特定の踊り子さんのおっかけもいて、踊り子さんの名前の入ったネイル(!)をして劇場に来る子もいるんだとか・・。

 

いま、ストリップ劇場の存続をかけた戦いが巻き起こっているということなんですね・・!!

 

これは、いち観客として、いや・・・

どスケベ大明神の名にかけて、是が非でも応援しなければ!!٩( ‘ω’ )و

 

・・・ちなみに、道後ミュージックのトイレにはこんなポスターも貼ってありました。

 

 

初心者向けに書かれた注意書きのようです!

 

ぽかべ
ストリップって、ステージ構成とかポラロイドショーとか、「型」があるんだ・・・!!

 

何十年と醸成されてきた、奥深き「文化」がそこにはあるのですね〜!

 


 

いよいよショーの始まりだー!1人目はポールダンサーのチロルちゃん!

 

ショー開始前、ギタリストのめちゃくちゃ面白い司会者さんが

場つなぎ的に、愛媛県と鳥取県の民謡を披露してくれました。

郷土愛、そして戦争の無情や慈悲の心を歌う民謡で、ものすごく切ないコード進行。

おんなのこのパンツみるぜ★という本来の目的と、無情と慈悲を味わっている現状のギャップがでかすぎて、

「あれ・・私はここに何をしにきたんだっけ・・?」と、一瞬じぶんの現在地点が分からなくなりました。

 

 

そんなこんなで、いよいよ一人目の演者!

気鋭のポールダンサー、チロルちゃんの登場です!!

 

ノリノリの曲に合わせて踊ってくれるんですが、

ダンスがもうね、めっちゃくちゃキレキレなんですよ。

 

おパンティー様が見えてるし、ポールつかまったまま開脚ポーズとかもあるんですが、

ぶっちゃけエロよりも、「美しひ・・・・」という感情が先に湧いて来ちゃいましたね・・!!

 

これは女性特有の目線かも?と思いますが、

踊り子さんを見てると、いろいろな尊敬の念が湧いてくるんですよ。

「ここまで肉体的に自己開示できるなんて・・」

「自分の魅せ方を徹底的に研究しているんだな・・」

「ポールダンスのストイックなレッスンを、どれだけこなしてきたんだろう・・」

とかとか。

 

もっと言うと、ストリップ劇場に来る人って、

踊り子のことを性欲を抱く対象として眺める場合が多いじゃないですか。

なので、性欲を受け止めるための努力、言い換えると、観客を萎えさせないための努力が必要なんですよね。

例えば、美肌のキープやセクシーな体型づくりへの努力。これは血のにじむような努力だと思います。

それが、パフォーマンスから透けて見えるんですよね・・。私も頑張らねば(白目)

 

3曲目、4曲目と進むたびにパフォーマンスは熱を帯びて来て、

チロルちゃんも、かわいい柄のおブラ様とおパンツ様のみになって演じます。

 

バラード調のせつない失恋ソングもあったんですけど、

ヌードでやるからこそ表現できる切なさがあるんだな〜と気づかされました・・!!

 

ほぼ裸体でイスにしなだれかかり、苦悶の表情で唇をセクシーに噛みしめる表情・・・

悲しみを感じる生々しい等身大の女性像や、失った相手を行き場のない性欲と共に思い出している様・・

もうね、着衣で表現できないものがグイグイ出てきてるんです。

これは、まさにストリップという文化だからこそできる表現だ!!

 

チロルちゃんはポールダンサーなので、パイパイも出さないし、おパンツ様も脱ぎませんでした。

それでも、いろんなセクシー表現の幅を持っているので、十分エロスを堪能できました。

 

隣でみていた彼氏に感想を聞いてみました。

 

ぽかべ
どやった?
かれぴ
かわいいねw

 

ご満足されたようで何よりだぜ!!

 

 

2人目は超絶ベテランの、ゆきみ愛さん!!

 

ゆきみ愛さんは、有吉ジャポンのストリップ劇場取材にも立ち会っていたそうです!

さすがベテラン。

参考:ゆきみ愛さんアメブロ

 

ゆきみさんは、ビビットな黄色のデカめのコートを着てステージに登場!!

曲は、スパイ映画っぽいクールな感じ。

その曲に合わせて、帽子を脱いだり脱がなかったり・・・

ネクタイをゆるめたり、締め直したり・・・・

 

ぽかべ
ぬぅおおおおお!!!!いつ!?いつパンツを脱ぐんや・・!?むううううううん!!!!

 

完全にゆきみさんのペースにハマるぽかべ。

 

なんと、2曲目の最後まで帽子しか脱がずに終了。

ぽかべはやや降参モードになり、

 

ぽかべ
ひょっとしてこの人は、服を着たまま踊る人なのかな?

 

そんな気持ちが芽生えはじめました。(アホ)

 

しかし、3曲目に入ると状況が急変。

今までコートを着ていたのはなんだったんだ!?と思わせる、スケスケのシースルーネグリジェで登場だァァァア!!!

 

そこからは、もうあれよあれよという間におパンツ様も脱ぎ捨て、

ステージからせり出していて観客に最も近い「盆」の部分に寝転がり、セクシーポーズを連発。

見えるのか!?見えないのか!?という、とにかく明るい安村もビックリのキワキワポーズで我々を魅了する!!!!

「安心してください、履いてませんよ!!」という全く安心できないハラハラの状況です。

 

そしてついに、最終の5曲目。

ゆきみさん、盆の上でついにガバッと開脚!!

 

ぽかべ
アッ・・・・・!!!!

 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

 

MAKIさん(@m.lobs)がシェアした投稿

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

マンコ・カパック(ケチュア語族: Manqu Qhapaq 、西: Manco Cápac 、1200年前後)とは、

インカ神話によるクスコ王国の初代国王である。

マンコ・カパックの出自については複数の伝承が伝えられている。

Manqu Qhapaq とは、「素晴らしき礎」の意である。

引用:wikipedia

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

 

ぽかべ
カ・・・カパックや・・まじもんのカパックや・・・!!!

 

この記事を読んでいるみなさん。

どうせ、AVなどのスケベ動画はたくさん観たことありますよね?

カパックなんて、見慣れてると思ってるでしょ。動じないと思ってるでしょ。

 

彼女でもない人のカパック、目の前で見てみ?

ビックリするから、マジで。

 

でも、ステージ上はとっても光が強いうえにスモークがたくさん炊かれているので、

なにか見えた気がするのは幻想だったかもしれません・・・!(╹◡╹)

 

 

ぽかべは半ば呆然としたまま、ゆきみさんの素晴らしいショーは幕を下ろしました。

 


 

だが本番はここからだった。ポラロイド・ショー開幕!!

 

ショーが終了してしばらくした後、

司会者の「ポラロイド始めま〜す!」の声と共に、ポラロイドカメラを持ったゆきみさんがステージに再登場。

ゆきみさんはステージにお姉さん座りをして観客に話しかけます。

 

ゆきみさん「そちらのお2人、どこから来たんですか〜? へぇ〜遠いね、観光なの?」

ゆきみさん「カップルで見に来るとどうなの?彼女さんはすごい楽しそうにしてたけどw、彼氏さん固まってるからさww」

 

かれぴ
そうですね、やっぱ彼女が隣だと、見づらいですね。一人で来た方が気を使わなくていいかも・・w

 

 

ちょ、ちょっと待って、ゆきみさん・・

めちゃくちゃ明るくて気さくなんですけど!!!w

ステージの上ではめっちゃクール&セクシーだったから、超意外・・・。

 

ゆきみさん「そうそうw、クール系だと思った!ってよく言われるんだけどね。w」

 

 

ポラロイドで写真をとる料金は、1人500円だそう。

ぽかべも早速、ポラロイドやりまーす!と名乗り出ました٩( ‘ω’ )و!

 

なんと、ポラロイドをやるお客さんはステージに上がれるようです!!

まさか自分が上がれるとは思ってなかったので、緊張するけど超嬉しい・・!!

ゆきみさんに頭ポンポンされながら、「席にいる彼氏もここ呼んだら?」と言っていただけました!!

 

ぽかべ
かれぴ君も、おいでよ!!
かれぴ
いや、俺はいいです・・いまカメラ回ってるし、顔出しはちょっとできないんで・・ 

 

ゆきみさん「おいでおいでwww」

 

ぽかべ
ア”ン!?後からモザイクちゃんとかけてもらえるんだしいいじゃん!!いいからおいでやァァァァアアアアアアアアっはっはっはwwwwww!!!!

 

・・いま書いてて思ったけど、

よく2年半以上もぽかべと付き合ってくれたね、かれぴ君。

きっと、けっこう大変だったよね。

すみません(ひょっとこ顔)

 

ゆきみさん「じゃあサービスして、おっぱい出しちゃおうかなwwww」

 

ぽかべ
い、いいんすか!!ホントにいいんすか?!やったー!!おひょふひょ・・

 

撮るよー!

はい、おっぱい!カシャ✳︎

︎(そんなこと言ってないけど)

 

 

テレビ撮影用のカメラに向かって目線を送ってしまったので、

ポラロイド目線ではなくなってしまいましたが、お気に入りの写真になりました!

 

ゆきみさんのぱいぱいが見たいよ〜見たいよ〜!という、

手のつけられぬ困ったどすけべボーイズエンガールズたちは、この有料オプションを利用するんだ٩( ‘ω’ )و

ゆきみ愛オンデマンド(YOD)

 

周りのお客さんも次々にポラロイドしていき、

(中にははいていた白いスニーカーにサインを貰う猛者も・・)

ポラロイドのお客さん限定の追加ミニ・カパックショーが開催!

 

ここで、ぽかべは勇敢にもステージ直下のスケベイスに移動してみました。

ゆきみさんがぽかべの目の前でパフォーマンスしてくれた瞬間、瞳孔が開きまくり思わず絶叫!!!!

 

ぽかべ
A”hhhhhhhh!!!!!!!!

 

周りのお客さんはそれを見て爆笑。

 

 

まとめ:みんなで行こう!ストリップ!!

 

ショーが終わり、ゆきみさんに手を振ってお別れしました。

またどこかで〜!と言ってくれて、寂しさつのる・・・

 

宿までの帰り道で、かれぴ君と感想を話して盛り上がる。

 

ぽかべ
すごい世界だったね〜w
かれぴ
未知って感じだった。浅草ロック座もおもしろそうだし、今度行ってみようか。

 

すっかり俺色に染まりやがって・・

 

ぽかべ
・・あれ?そういえばもう日付変わってるし、かれぴ君29歳になってる・・!!おめでとおおお!!!
かれぴ
マジで・・?!俺、カパック見ながら29歳迎えたの?

 

 

・・・ということで、かれぴ君はストリップをマン喫しながら、ごマン悦の表情で、

マンを辞して29歳の年を迎えられたようです。

きっと、やる気マンマンで、運もマン開の1年になることマンちがいなしでしょう!

 

 

そして、もしぽかべがスケベイスに座って絶叫している姿が全国ネットで放送される場合には、

もちろんブログでご報告しますね。乞うご期待!

 

 

・・最後になりますが、ストリップは日本がもつ美しい文化の一つです!

少しでも関心がある方は、ぜひぜひ!!応援もかねて訪れてみることをオススメします٩( ‘ω’ )و!!

思ってるより、全然ハードル低いですよ〜!!

 

また、ストリップの魅力をもっと広めたいので、ぜひぜひこの記事をシェアしてください〜〜!お頼み申す!!

 

以上です。お読みいただきありがとうございました。

 

国内の女性ストリップ劇場一覧!初心者でも安心な口コミ付きで紹介![/box]

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼